フィリピン初進出の「やよい軒」は、サイバーな近未来の定食屋さんだった!

フィリピンには、吉野家(9店舗)や、味千ラーメン(5店舗)、ペッパーランチ(33店舗)、和民(2店舗)、らーめん山頭火(9店舗)など、日本でもお馴染みの外食チェーン店が、数多く進出しています。

そして、つい先日、2016年9月16日、新たな日本の外食チェーンとして福岡本社の「やよい軒」が、フィリピン第一号店をオープンさせました。

フィリピン第二位の大きさのモール「SM Megamall」に出店

やよい軒がフィリピン初進出に選んだのは、あのシー財閥が保有するマニラ首都圏のショッピングモール「SM Megamall」です。このモールのキャッチコピーは「無限の買い物、無限の発見」、それくらい大きなモールなんですね。写真の手前の建物も、奥に見える建物も「SM Megamall」です。

SM Megamall Philippines

ちなみに、やよい軒ではフィリピン第二号店の出店を発表していて、同じくSMのモア(Mall of Asia)に近々オープンの予定だそうです。

ターゲットは、フィリピン人!でも価格は、かなり強気!

まず、やよい軒(現地での屋号はアルファベットで「YAYOI」)の店頭に設置されているメニューを見てみると、「ASARI SAKAMUSHI(あさりの酒蒸し)」が単品で220ペソとなっています。これは、なかなか強気な価格設定ですね。フィリピンによくある大衆向けの(なんちゃって)日本食屋さんなら、牛焼肉定食だとか天ぷら定食が220ペソ前後で食べられます。

フィリピンのやよい軒は、超高級ではないけど、高級な定食屋さんのようだ。

Yayoi Philippines

うな重(585ペソ)、和風かつ重(380ペソ)、肉うどん(245ペソ)とメニューのページを確認しつつ、同行者とふたり、何を注文するかを決めた上で、店内へと足を進めてみて、そこに広がる光景に驚いた!

「き、近未来だ!」

ページ:

1

2 3 4 5
【スポンサードリンク】

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. JR武雄温泉駅から長崎駅へと向かうとき、長崎県内の早岐(はいき)駅から乗ったのがシーサイドライナーで…
  2. 数年前には、かなりお茶好きとして世界中のお茶をオンライン通販で買い付けて、毎週のようにタイの税関当局…
  3. 長崎市の沖合にある炭鉱で栄えた軍艦島への上陸を目指すツアーの連載も、これが最後です。 日本に訪…
  4. 皆さま、平素より、お世話になっております。 読書しながら世界を旅するブログ「キャプロア」の運営…
  5. 由緒正しい歴史のある武雄温泉の近くに店を構える山里屋菓子老舗は、シュガーロードとも呼ばれる長崎街道沿…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る