週刊キャプロア出版 第40号(2019年3月6日発売)

wc40b

キャプロア出版が発行する週刊書籍『週刊キャプロア出版』の第40号のテーマは、「聞こえる」です。

峯本雅子さんが編集長(リーダー)を担当しています。

 

内容紹介

はじめに

寝そべって床に耳をつけてみる。

 

ファンヒーターの振動。

わたしの心臓の音。

靴を履いて外へ出る。

にわかに増えた鳥のさえずり。

どこかの家から漏れるピアノの音。

ときどきアスファルトに靴が鳴る。

わたしたちは音をまとって生きている。

嬉しい日もそうでない日も、

生きている限り、途切れることはないような気がする。

窓ガラスの向こうから

雨の音が、聞こえる。

週刊キャプロア出版 第40号 『聞こえる』

リーダー 峯本雅子

表紙 もりしんじ

コンテンツ

はじめに

目次

中村修治の「ペライチで”お題”を斬る」

  • 完全なる静寂がいちばんうるさいのだよ。

エッセイ

  • 人工内耳をつけたらセミの音が弾けた件(くらげ)
  • 洞窟探検(森羅万太郎)
  • 三輪の水音(中田ひろこ)
  • 心の旋律(仲谷史子)
  • 弟(土谷尚子)
  • 見過ごした声(岡本虹美)
  • 大きな声(ななや)

コラム

  • みろくさん(瑠伽)

ショート小説

  • 私にはわかる(春瀬由衣)
  • 旋律(五十五一六)
  • 波のかなた(峯本雅子)
  • 赤いピン(うまべぐ)
  • 聞こえるゲーム(きゃっぷ)
  • うまれる(SUIREI)[連続小説 その4]
  • 神様の声が聞こえる(ゆー)

お題で写真!シロヤマンクラブ

がねたんか ~みんなで短歌を遊ぼう~

【 連載  】くらげの一葉一答

小夜|[ナイチンゲール:Nattergalen]新連載(1) もりしんじ

キャプロア出版会議議事録

  • 41号、42号始動!
  • ツンデレ猫のふみふみ日記、発売中
  • くらげ、新コーナーは??
  • しんじのエロ小説連載も始まる

第40号の著者・参加者紹介

おわりに

次号予告

 

 

表紙デザイン

wc40

書籍データ

タイトル:週刊キャプロア出版 第40号

週刊キャプロア出版とは?

誰もが参加できるティールな雑誌、週刊キャプロア出版は、新しい試みから生まれた週刊誌です。

出版に関する会議がFacebookのメッセンジャーグループ(キャプロア出版会議!)で交わされています。気軽なやりとりで、24時間いつでも好きな時間に発言が可能になっています。その時々のメンバーが気になった点を相談、新しいアイデアも議題として提出されます。そして、その時のタイミングで居合わせたメンバーによって会議が進行します。

出したい本を自分達で出せる組織がキャプロア出版。興味がある人はぜひご連絡ください。

※コラムやエッセイなどはもちろん、全体チャットである「週刊キャプロア出版」での発言が議事録に使用された場合も利益の分配になります。

詳細はこちら⇒ 週刊キャプロア出版とは?

週刊キャプロア出版のグループチャットに参加しよう!

さぁ、あなたも書籍グループに参加し、一緒に出版しましょう

土谷尚子

土谷尚子Interior Coordinator

投稿者プロフィール

土谷尚子(つちやなおこ)●1968.11.29.大阪府羽曳野市生まれ。インテリアをコーディネートしたり、写真を撮ったり、記事を書いたりしています。週刊キャプロア出版では執筆ギルド、広報ギルド、デザインギルドに参加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Information

誰もが参加できるティールな出版グループ。文章を書きたい人、デザインしたい人、編集したい人、出版して見たい人、マネタイズしたい人。一緒に出版しよ!

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。