週刊キャプロア出版 創刊号(2018年5月16日発売)

キャプロア出版が毎週水曜日にお届けする『週刊キャプロア出版』の創刊号は、「表現するということ、発信するということ」です。

コンテンツ

創刊号の目次は、以下の通りです。

【特集】表現するということ 発信するということ

  • 表現とは祈りにも似て(くらげ
  • 私は『声』に恋をする(なな)
  • 目立ちたがり屋の本性が抑えられない(トリプロデューサー)
  • 書いて手放す(水川すみれ)
  • 赤とんぼ(峯本雅子)
  • 藤壺の乱(原田真美)
  • 推敲愛(五十五十六)
  • 【溜まった。吐き出す。そして、佇んでみている。】(さがん)
  • 機会(ななや)

【特集】自身の人生を変えるような言葉との出会い

  • 「じゃあ、オレはもうしない」(小鳥遊みちる
  • 未来は言葉が創るもの(海道梨花)
  • 絆(後藤千代)
  • 暁(安溪親日)
  • The 私の人生を変えてくれた言葉(西辻佳子)

【特集】言葉の力

  • 言葉の贈りもの(仲谷史子)
  • 声(鈴木あい)
  • ラブレターに感情はのるか(いしかわ
  • 声の石(なな)
  • 無意識への侵略(田島貴将)
  • 扉(優奈)
  • 恋文(吉良綺羅)

【特集】アートのチカラ・デザインのチカラ

  • 表現を暴走させるもの(もりしんじ)
  • 跡(中田ひろこ)
  • 私の定義(タブー)
  • リデザイン(土谷尚子)
  • 価値(柚木勇魚)

キャプロア出版とは

  • これまでのキャプロア出版(きゃっぷ)
  • 100人共著プロジェクトに参加してみて(ゆー
  • 100人出版を目指して(きゃっぷ)
  • キャプロア出版のカタチ(いしかわ

キャプロア出版会議議事録

  • キャプロア出版のチャットグループはじまる
  • グループ分けについて
  • ゴーストライターなの?
  • 収益と分配について
  • 収益モデルについて
  • 紙の本について
  • 絵本やフォトブックについて
  • 『週刊キャプロア出版』を発行へ
  • 「キャプロア出版」の名称について
  • 『週刊キャプロア出版』の読者獲得方法
  • 中村修治先生のコーナー
  • グループ分けについて、再び
  • 機能別グループのことを「ギルド」と命名
  • アキラさんのコーナー
  • 書籍グループを立てるリーダー資格について
  • キャプロア出版の会計について
  • 各ギルドを結成へ
  • 『週刊キャプロア出版』は水曜日発行へ
  • 報酬の分配方法について
  • がねさんの短歌コーナー
  • ちかひリーダーによる創刊号へ

中村修治の「ペライチで”お題”を斬る」
アキラの対話ログ~今夜は「表現と発信」~
がねたんか ~みんなで短歌を遊ぼう~
小説ショートショート

  • 真夜中の説教(小鳥遊みちる
  • 表現は誰のもの(五十五十六)
  • ポーカーフェイスが崩れるとき(松浦友紀)

メンバー自己紹介
次回予告
編集後記

表紙デザイン

創刊号の表紙は、パターン職人ターボさんと、天才デザイナー柚木勇魚さんのコラボによって生まれた爽やかなデザインです。

書籍データ

  • タイトル:週刊キャプロア出版 創刊号
  • 定価:300円(kindle Unlimited対応)
  • 発売日:2018年5月16日
  • Amazon販売ページ

きゃっぷ広報ギルドメンバー

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。