【佐賀】お茶で出来たコーラ!嬉野の原製茶園「うれしのチャコーラ」

数年前には、かなりお茶好きとして世界中のお茶をオンライン通販で買い付けて、毎週のようにタイの税関当局との熱い戦いを繰り広げていた私ですが、これは知りませんでした。

九州を代表するお茶処のひとつとなっている佐賀県の嬉野にある原製茶園が開発されたという、嬉野の一番茶の粉末を入れたコーラ「うれしのチャコーラ」というものを発見しました。私はお茶好きですが、コーラ好きでもあるので、これはどっち側の立場から評価すれば良いのか悩むところですが、とにかく速攻で買って飲んでみました。

コーラなのに緑色!うれしのチャコーラ

コーラ好きから言わせれば、コーラの色なんかには興味が無くて、瞬間的な爽快感さえ味わえたら良い飲み物なんですけど、お茶好きサイドからの見解としては、やはり色合いっていうのは重要なわけです。なので、こういう色にこだわるあたりは、お茶業界のひとが作ったコーラなんだと感じます。

美味しいけど・・・コーラでも、お茶でもない

さて、実際に飲んでみた感想としては、チャコーラというお茶とコーラの良さを合わせました感を出しているわりには、どちらの良さも消しているかなって感じました。飲み物を飲み物で例えると、ドクターペッパーを優しくしたような味わいです。

コーラって、砂糖をこれでもか!ってくらいに大量投入して、冷たくても甘みを感じるという状態を作りつつ、柑橘類の皮とか、コリアンダー(パクチー)の根っこだか茎だかのような訳の分からないものを混ぜ合わせて、独特の風味のようなものが作り出されているんですけど、その独特の風味を担当する部分に「お茶の存在感」を出さなきゃならないために、なんだか中途半端な仕上がりになってるんですよね。色んなこだわりが詰まってるんだと思いますけど、もっとお茶に寄せていただきたかったなぁというのが正直な感想です。

いや、普通に美味いんだけど、お茶担当も、コーラ担当も、どちらも出番がない感じです。これは、チャコーラという新しいジャンルの飲み物です。

そんなことより、どうして写真が不自然なのか・・・

私は個人的に、このチャコーラを発見して喜んで試飲していたんですが、その隣では「黒髪山の大蛇退治」という有名な伝説を題材にした人形劇が行われておりました。

こんな状況のなか、唯一の光源というのがレジにあった卓上ライトだけだったので、チャコーラの瓶の写真が、上に掲載したような下手くそな感じの仕上がりになっております。

ちなみに、「黒髪山の大蛇退治」というのは、武雄領主だった後藤高宗が、武雄領内の黒髪山に出没する大蛇に頭を悩ませ、弓矢の名手である鎮西八郎為朝(源為朝)に退治を依頼したという物語です。

今回、私がチャコーラを発見し、撮影させていただいたのは、武雄の三大大楠のひとつである川古の大楠がある公園内にある施設です。場所などの情報は、川古の大楠の記事にて、ご確認ください。

うれしのチャコーラの情報まとめ

商品名:うれしのチャコーラ

内容量:245ml

販売価格:290円(税込み)

製造元:原製茶園

住所:〒843-0232 武雄市西川登町大字神六20420-1

電話番号:0954-28-2555

営業時間:8:00 – 18:00

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る