【タイ】タコが入ってない!ロッブリー旧市街で見つけたタコ焼き屋

タイでは空前の日本食ブームが続いており、すでにタイの文化の一部であるとさえ言える状況になっております。

少し前に「バンコクのデパートの飲食店街、なんと4割が日本関連だった」という記事を書いた通り、タイ人にとっては既に日本食が珍しいものではなく、かなり身近な存在になっております。とはいえ、ここはタイ中部のド田舎であるロッブリーなので、街の中で日本食を見かけることはないのですが・・・こんなのを見つけました。

タイ語で「TAKOYAKI」と書いた看板を掲げる店

反日韓国人が発狂しそうな旭日旗のデザインをあしらい、まだ片目が塗られていないダルマが描かれた店頭の看板(垂れ幕?)には、タイ語で「TAKOYAKI(たこ焼き)」という文字が大きく書かれています。良く見るとサクラの花も添えられているので、これが日本っていうイメージなんでしょうね。

5個で20バーツ(約60円)、8個で30バーツ(約90円)

日本と比べれば激安の値付けですね。ただ世の中というものは、安かろう悪かろうですから、単純に日本と同じものが安く売られているわけじゃありません。

なんと、このたこ焼きには、タコが入ってません(笑)

左から、カニカマ、ツナ、ハム・・・その奥は何だろう。

生真面目そうなオッサンが、頑張って作ってる

さきほどから、ずっと写真の中で見切れておりますが、この白髪交じりの痩身のオッサンが、たこ焼き屋の店主です。4種類あるたこ焼きを2個ずつ計8個おくれ!と言うと、丁寧に容器に入れて、マヨネーズから始まるトッピングを開始します。

もう、この姿を見ていると、たこ焼きの具材にタコがないことなんて気になりません。とりあえず日本食ブームに乗っかろうと、手軽に始められるものを探していたら、たこ焼きを発見したのでしょう。本人は至って真面目に、日本食屋さんを経営しているんです。

たこ焼きの上に、タラをトッピング

もしかしたらオッサンは、写真でしか本物のたこ焼きを見たことがないのかもしれません。たこ焼きの上には、かつお節がかかっているのですが、タイで容易に手に入るもので見た目が近いものを探したら、このチータラのチーズがないやつ、つまりタラ、をトッピングするという結論に至ったのでしょう。

味の方はですね、そりゃ美味しくないですよ。

たこ焼きと思って食べたら美味しくないってのは当然なんですが、たこ焼きかもしれないという期待を一切取り除いた上で口に入れても、やっぱり美味しくないです。焼き置きしてあるタコの入っていないタコ焼きですからね、温かいうちに食べたらもう少し美味しかった可能性はありますが、このたこ焼きには可能性がないですよね。

ただ、私が店内でコレを食べていた10分ほどの間にも、3組のお客様がコレを買い求めて帰られました。たぶん地元の人なので、リピーターが付くほどの人気になっているようです。

ロッブリーのタコ無しタコ焼き屋の場所

これを読んで、食べてみたい!と思った人のために、それなりに正確な場所をお教えいたします。ストリートビューでは、まだタコ焼き屋を開業する前の状態ですが、ここの店ですね。

残念ながら、公式ウェブサイトだとか、公式Facebookページなどは開設されていないようです。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る