【佐賀】創建は奈良時代!武雄の歴史を現代に伝える武雄神社

武雄神社は、奈良時代の735年(天平7年)から武雄の地にあると伝えられている神社です。祭神として5神の神様を祀っていることから「五社大明神」とも呼ばれています。

現在は、武雄温泉から国道330号線を真っすぐに歩いてきた場所にありますが、大昔には御船山の北方の麓にあったそうです。武雄領主が鍋島家を名乗る前の後藤家だった時代に、領主の意向に従って、神社の場所を移したのだそうです。また、武雄神社に残る文書「武雄神社四至実検状」は佐賀県最古の文書とされており、武雄や佐賀県の歴史を伝える存在でもあります。

武雄神社の第一鳥居は、肥前鳥居(めっちゃ遠い)

神社に対して文句を言っていいのかどうか分かりませんが、この武雄神社の第一鳥居っていうのが、現在の神社の敷地からは遠く離れた場所にあり、このことに関する記述が現地には何もありません。たまたま神社を参拝した後で、この鳥居の近くを通りかかり、どう見ても武雄神社に向かって真っすぐに伸びているなぁと思って写真を撮ってみたら、これが第一鳥居だったという感じです。

写真では神社そのものが点になってしまうくらい、めっちゃ遠いです。

元々、武雄神社というのは広大な社領(神社所有の土地)を持っていた神社ですので、こんなことになっているんだと思われます。

ちなみに、この鳥居のスタイルは肥前鳥居と言って、鳥居の両端が反りあがっているのが特徴です。武雄市内では、この肥前鳥居を数多く見ることが出来ます。

こういう写真も撮ってある自分を褒めてあげたい。ついでに鳥居の部位の名称ですが、2本の横棒のうちの上の棒は2段に別れていて、上が笠木(かさぎ)、下が島木(しまぎ)と言います。下の横棒は、貫(ぬき)です。なので、肥前鳥居について正確に言うと、笠木の両端が反りあがっているという表現が正しいです。ついでに、柱と貫に継ぎ目があるのが見えると思いますが、これも肥前鳥居の特徴で、写真では確認できませんがそれぞれ3本継ぎになっています。

現在の武雄神社の敷地の入り口にあるのが、第二鳥居

国道330号線に面している武井神社の敷地に建っているのが第二鳥居です。

肥前鳥居の特徴が混ざっているものの、明神鳥居の要素も強く、折衷などという表現がされていますが、早い話が中途半端なスタイルの鳥居です。ただし、写真のおさまりは良く、趣のある鳥居でもあります。

階段を上ると、そこには立派な石壁があった

かなり急な勾配の階段を登ったら、まるで城郭のような石壁があります。武雄領主の後藤家の支配下に入ってからは随分と大人しくなったそうですが、昔の武雄神社は、広大な社領を守るために激しく戦った神社だったそうなので、この壁もその頃の名残なのかもしれません。

御船山楽園の記事にも書きましたが、武雄は岩が立派です。

また階段・・・その先には第三鳥居(肥前鳥居)

立派な岩で出来た石壁の間に、さらに上へと向かう階段があります。もう諦めて帰ろうかと思うくらいの猛暑でしたが、頂上を示す第三鳥居が見えますので、フラフラになりながら登り切りました。

第三鳥居も、肥前鳥居です。

武雄神社の本殿には、外国人観光客も数多く訪れていた

猛暑のなかではありますが、武雄神社の本殿は、なんだか涼しげな色合いです。まぁ、木陰のようなものも無く、めっちゃ暑いですけどね。

本殿に近づいてみると、かなり独特なデザインなのですが、これについては詳しく解説した文書などが見つかりませんので、とりあえず写真だけ貼っておきます。

たぶん、そのうち、他の神社などを見ながら、気づくことがあるはず。

柱の上の方のデザインは、中国っぽいような気がしますけど、神社の本殿をしっかりと見たことがないので、もしかしたら他の神社も同じようなデザインなのかもしれません。

あと、柱の下の方には、こんな黒い棒のようなものがありました。

これもまぁ、何だか分かりませんが、記録用に掲載しておきます。

武雄神社へのアクセス/地図

JRの駅や武雄温泉から、武雄神社へと向かう場合には、タクシーなどを利用されることをおススメします。道路の起伏が激しく、歩くのに疲れるわりには、特に見どころもない道路なので、歩いて疲れても元が取れません。

そして、武雄神社と言えば、さらに敷地の奥に進むと、武雄の大楠という観光スポットがあるのですが、大楠については記事を改めて書きたいと思います。

とりあえず、以上です!

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る