【タイ】喫煙所は、イミグレ近くの出口(2番ゲート)を出てスグ

午前8時、いよいよ出入国管理局(イミグレーション)の受付開始まで30分を切りました。

書類に不備が無いのかを確認したり、証明写真を貼り付けたりして、ただでさえ長いビザ更新の手続きが自分の不手際によってさらに伸びてしまわないように出来る限りの努力をしましょう。役所っていうのは役所仕事なので、書類や手続きさえ間違わなければ決して不当な扱いを受けることはない(はず)です。

さて、まぁ、イミグレーションに入る前に、いっぷくでもしましょうか。

相変わらず、並んでいるのは紙袋である

残り時間が僅か30分ですから、そろそろ行列に並んでおいた方が良いのではないかと思うかもしれませんが、ここでは直前まで紙袋による行列のままです。前記事「斬新すぎる行列!タイ流イミグレーションの並び方」にて紹介したイミグレーションへと真っすぐにつづく紙袋の行列は、8時過ぎになると多くのひとが詰めかけ、曲がってました。

この行列は、8時30分が近づくにしたがって徐々に人間と置き換えられました。

ゲートの両脇にある花壇は、喫煙所である

禁煙や分煙については、かなりうるさくなってきたタイですが、この政府複合庁舎のビルでは比較的ゆるやかな対策となっています。商業施設などでは、他の利用者からのクレームに対応して分煙を進めていますが、政府庁舎の場合には誰も文句を言ってこないから、こんな感じなのかもしれません。

素焼きの鉢が、灰皿である

ゆるやかな対応ではあるものの、やはりポイ捨ては厳禁です。灰皿として用意されている鉢がありますので、ここに吸い殻は捨てなければなりません。掲げられた看板には、ポイ捨てした場合には2000バーツの罰金だと書かれています。まぁ、上の写真を見てみれば鉢の外にも大量の吸い殻があり、罰金2000バーツで大儲けできそうな状況ですけど。

鉢がないところは喫煙スペースじゃない

明確な区分けがないので非常に分かりづらいのですが、鉢がある場所が喫煙スペースで、鉢がないところは禁煙スペースのようです。下の写真で言うと、手前側(写真右手)は禁煙スペースで、奥側(写真左手)が喫煙スペースらしいです。そんなことを知る由もない西洋人の2人組が、警備員に注意を受けてました。

一服も済みましたし、いよいよ本日のメインイベントであるビザ更新手続きへと向かいます。

めっちゃ面倒くさいけど。

 

この記事は「【タイ】年1回の苦行!イミグレ待ちの退屈時間を何とかしてみる」という一連のシリーズのひとつの記事です。よろしければ、他のものも併せてご覧いただければ、書いた人が喜びます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る