【タイ】パヤタイ駅至近のコワーキングスペース「シルバーレイク」(バンコク)

バンコクのコワーキングスペース「シルバーレイク(SILVER LAKE)」にやって来ました。

バンコク都内を走る高架鉄道BTSと、スワンナプーム国際空港と都心を結ぶエアポートリンクの接続駅となっているパヤタイ駅に、コワーキングスペース「シルバーレイク」はあります。場所は、BTSパヤタイ駅に直結しているビルの4階で、窓の外には頻繁に人々が往来するプラットホームが間近に見えます。

パヤタイ駅から徒歩1分弱、コワーキングスペース「シルバーレイク」

快適なコワーキングスペースであれば、それなりに歩いても行きますよっていう意識ではおりますが、やっぱり駅から近いというのは嬉しいことです。特にタイの歩道は絶望的に歩きづらいので、できればあまり歩きたくありません。

そういう意味では、駅から出ることなく改札階から直結で入ることが出来るビルに入居しているのは嬉しいことです。

駅の改札階から「C.P. TOWER3」という看板が出ており、ガラス張りのビルの上の方を眺めると「SILVER LAKE」という水色の文字が見えます。写真では分かりにくいですが、肉眼だとはっきり見えます。

ドロップインの1日利用が200バーツ、午後15時以降なら120バーツ

シルバーレイクの利用料は、ドロップインの場合でも1日の定額制で200バーツです。ただし、午後15時を過ぎている場合には120バーツになります。参考までに、タイのスターバックスでコーヒーを注文した場合の大きいサイズが120バーツくらいです。

エレベーターで4階まで上がると、目の前にシルバーレイクがあり、シャンデリアが吊るされた良く分からない世界観の空間が広がっています。

こういう曲線になったデスクって、ちょっと高いんだよねと思いつつ、窓の側には木目調の温かみのあるカウンター席があり、窓と反対側にはガラス張りのミーティングスペースも確認できます。冷蔵庫やコーヒーマシーンなどは、奥の方にあります。

Wi-Fiや電源はもちろん完備、ペットボトルの水なども無料

入り口を入ってスグの右側に、受付カウンターがありスタッフの方が常駐しています。入店時のコミュニケーションは、基本的にはタイ語ですが、英語でも可能なようです。また日本語が話せるお客さんも居て、細かなことを説明してくれたりしました。

Wi-Fi

受付で支払いを済ませると、Wi-FiのIDとパスワードを書いた小さな紙が貰えます。写真のアップロードなどを含め、ストレスなく使用することが出来るレベルのスピードです。

どう見ても、BTSのホームからも利用可能な距離なので、パスワードは消しておきます。

電源

延長ケーブルのコンセントが一定区間ごとにひとつ置かれていて、混雑時には共用する必要がありそうですが、ひとり2つ程度の電源は問題なく確保できそうです。タイは電圧が220ボルトであることには注意が必要ですが、スマートホンやPCなどに関しては日本のものがそのまま利用できるはずです。また、コンセントの差込口も、特別なコネクターなどが必要ありません。

飲み物

奥の冷蔵庫には、かなり無造作にペットボトルの水が入っており、自由に飲んでよいとのこと。なんていうか、この男の独り暮らしな感じの冷蔵庫は、個人的にはかなり苦手ですが。

その他

ちなみに、このC.P.TOWERの1階にはセブンイレブンがあり、エレベーターで降りればスグです。

コワーキングスペース「シルバーレイク」の感想

特に大きな声で話をするような客もおらず、快適な時間を過ごせました。駅から近いので電車やクルマの通る音が気になるかと思いましたが、アクセスの利便性を考えれば、十分に許容できるレベルです。いや、作業に集中していたら、全く気になりません。

カウンター席は、BTSのホームが見えるし、木のカウンターテーブルが良い感じですが、カフェのような椅子なので長時間の作業には疲れます。ちょっと落ち着いて作業をしたい場合には、曲線のロングデスクのどこかに席を確保する方が良いです。ほとんどの人がひとりで来店していて、黙々と作業している感じなので、目の前にパーテーションがある以外は完全なオープンスペースですが、特に周りが気になることもありません。

コワーキングスペース「シルバーレイク」の情報まとめ

店名:シルバーレイク(SILVER LAKE)

カテゴリ:コワーキングスペース

営業時間:10:00 – 21:00

電話番号:+66(0)81-805-9152

住所:C.P. Tower3 4th Floor, 34 Payathai Rd. ,Payathai district, Ratchathewi, Bangkok

ウェブサイト:http://www.silverlake.co.th/

Facebook:https://www.facebook.com/SILVERLAKE.Co.working/

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る