【タイ】イミグレのある政府複合庁舎のカッコいい写真ください。外観編

午前9時、ここに到着した時には夜明け前だったために建物の外観を獲れていないことに気づきました。

これだけタイ政府複合庁舎(チェーンワッタナ)を取り上げているにも関わらず、まともな外観写真の一枚もないのは、おかしいのではないかとの天の声が聞こえたような気がしたので、ビザ更新手続きの待ち時間の合間を縫って、建物の外へと繰り出したのでした。

とにかく圧倒的にデカいことを伝えなければならない

写真を撮る時には、テーマを決めなければなりません。自分が何を表現するために対象物を撮影するのかという明確な意思を持って撮らなければ、決してまともな写真にはなりません。タイ政府複合庁舎の外観では、やはり最もアピールするべきなのは、その大きさですね。とにかくデカいってことを表現しなければなりません。

とりあえず、まぁ、建物から出てスグのところで撮ると、このページの一番上に載せた写真のように全体像がさっぱり分かりません。なので、スロープを降りて50メートルくらい離れて撮ってみました。

うん、画面に収まりきらないデカさは伝わるかもしれませんが、この建物の美しさが表現できてないから駄目ですね。

改めて見ると本当にデカすぎて困る政府複合庁舎

予定よりも随分と歩いてきてしまいました。建物の前から伸びるスロープが、さっき降りてきたスロープなんですけど、あれさえも何だかもう小さく見えるし。

あと、問題なのは、この建物がペラペラの横長の建物ではなくて、奥行きも凄いって言うことなんですよね。

さらに歩いて、とりあえずベストショットを撮る

なんかちょっと自分でもガッカリなんですけど、たぶんこれが正解ですよね。天気が良くて、空が青々としていたら、きっとそれなりに美しい写真になるはず。

たぶん、これがタイ政府複合庁舎のベストショットです・・・まぁ、たぶん。

ちょっと途中で何が正解なのかが分からなくなって、木の幹からそっと顔をのぞかせる風とかも撮ってみたんですけど、これと比べれば、上の写真の方が正しいはず!

もうちょっとチャーミングな感じに撮れる予定だったんですが、本人の表情が固くてダメでした。

イミグレ前の椅子は、建物を模ったものです

出入国管理局(イミグレーション)の前には、多くの人たちが腰かけられるように、タイの施設では珍しく共用部分に多くの椅子が並んでいるんですが、この椅子の形は、この建物を模したものです。

ってことで、訳の分からない投稿ですが、以上です。

そして、外観編と名付けたからには、内観編もありますので、お付き合いいただけますと幸いです。

 

この記事は「【タイ】年1回の苦行!イミグレ待ちの退屈時間を何とかしてみる」という一連のシリーズのひとつの記事です。よろしければ、他のものも併せてご覧いただければ、書いた人が喜びます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る