【佐賀】高速バスで行く!大阪・梅田から佐賀・武雄温泉駅まで

ご縁あって佐賀県の武雄市に行くことになり、大阪からの交通手段を調べてみたところ、梅田から武雄温泉駅までの高速バスが運行していることを発見しました。

新大阪駅から博多駅まで新幹線(or飛行機)で行って、博多駅から武雄温泉駅までJRで電車移動っていうのが王道なんですが、せっかく高速バスを発見したので、乗ってみました。運賃8000円って安さも魅力ですが、そんなことより乗り換えなしに座って寝てたら到着するのが良いです。

高速バスのなかでも格安なユタカライナー

梅田から武雄温泉までの路線は初体験ですが、ユタカライナーは何度も利用しています。JR高速バスとか、ウィラー(WILLER)なんかの大手が運行していない路線を走らせていたり、大手よりも安かったり、色々と検索して比較した結果、ユタカライナーを選ぶことが多いです。まぁ、今回は一択ですけど。

車内は、普通の観光バスのようなシートです。路線によっては、もう少し豪華なバージョンもあったはずですが、今回のは普通の観光バスですね。

USB専用の電源コンセントが座席ごとに1つあり、スマホの充電ができます。

博多から武雄温泉までは、乗客一人だった

大阪・梅田を出発したユタカライナー「九州五号(武雄)」は、早朝に小倉、博多を経由して、午前7時半に武雄温泉駅前に到着します。しかし、満席だった乗客の私以外全てが小倉と博多で降りてしまって、博多ー武雄温泉駅間に関しては完全貸し切り運行でした。

乗客ひとりに、運転手さん二人・・・本当にありがとうございました。乗客の快適さをに配慮した丁寧な運転と、車内アナウンスで、とても良かったです。

今から武雄市の魅力を全力で書きますので、みなさんユタカライナーの大阪ー武雄温泉駅を利用しましょう。もっと利用者が増えないと、どう考えても運行が無くなってしまうと思いますので。

電車に乗らずに辿り着きました、JR武雄温泉駅

佐賀市には何度か行ったことがありますが、初上陸の武雄市です。

明治28年に佐賀と柄崎を結ぶ路線が開通したことによって武雄駅が生まれ、昭和50年に武雄温泉駅に改称されています。ただし、この地域には江戸時代から長崎街道などが通る交通の要所だったので、徒歩や馬などの往来の歴史は長い場所です。

写真から滲(にじ)み出ていますが、朝7時半なのに、めっちゃ暑いです。

 

以上、大阪・梅田を午後21時半に出発、佐賀・武雄温泉駅に午前7時半に到着、11時間という超長旅の高速バス移動でした。さて、人との待ち合わせが午後2時半なので、それまでは一人で武雄温泉駅周辺をウロウロします。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る