【佐賀】明治9年建築!武雄温泉の元湯、日本最古の木造共同浴場

佐賀県武雄市の武雄温泉には、3つの共同浴場があります。

私が個人的にオススメなのが、元湯です。明治9年に建築された元湯は、現存している日本最古の木造共同浴場です。洗面台の蛇口やシャワーなどは近代的なものになっていますが、湯船のまわりは趣があり、数々の歴史を重ねてきた武雄温泉を感じることが出来ます。脱衣所から階段を下りて浴室に入るものの、天井は脱衣所と同じ高さのままであるため、浴室の天井高が高く、決して広くない空間ですが伸び伸びと寛げます。

武雄温泉楼門を入ってスグ正面にある元湯

写真正面の扉が、元湯の入り口です。男女ともにこの扉から元湯の建物へと入ります。

入浴料は1回400円、お得な回数券もあります。

入り口の手前に、券売機があります。この券売機では、元湯と蓬莱湯の2つの共同浴場の入場券が買えますので、間違えないように元湯の券を買いましょう。入浴料は1回400円です。お得な回数券は13回4000円なので、1回あたり約300円です。

貸しタオルや、売りタオル、歯ブラシ、カミソリなどが必要な場合も、この券売機でそれぞれ必要なものの券を購入します。

入場券は、武雄温泉楼門の無料見学チケットになる

武雄温泉楼門は、辰野金吾の設計デザインで、東京駅のドーム型屋根で発見された8つの干支を補完する4つの干支が残されています。この4つの干支は、楼門2階にあるため、火曜日を除く週6日間の午前9時から11時までしか見ることが出来ません。元湯などの共同浴場の入場券が、この楼門見学のチケットになります。

武雄温泉楼門に関する詳細は、この記事をご覧ください。

男女共通の休憩所があり、男女それぞれのお湯へ

女湯が手前、男湯が奥から入ります。休憩所には、飲み物の自動販売機があり、コーヒー牛乳もあります。

当然ながら、ここから先は撮影NG

この先は、更衣室があり、さらに浴室へと進みますので、みんなが裸体でウロウロしているため撮影NGです。温泉とかサウナが好きなので、キャプロアでもどんどん紹介していきたいのですが、中の様子が紹介できないのが辛いですね。

って思ってるところで、今回は良いものを見つけました。

まぁ、武雄市が作成しているポスターですけど。

中央に柱があって、浴槽も2つに分かれています。右側が「ぬる湯」で42度から43度、左側が「あつ湯」で44度から44.5度です。数字でみれば僅かな違いなんですが、あつ湯の方はとにかく熱くて長時間の入浴は出来ませんでした。

「髪染め」するやつ、誰だよ!

最後に、どうでも良いことですが、浴室の洗面台のあたりに1メートルごとに「髪染め禁止」という貼り紙があります。日本は注意書き大国なので、どこに行っても注意書きばかりでウンザリするんですが、この「髪染め禁止」の貼り紙は極めて景観を損ねているので、もう注意されなくても髪染めすんなよ、オッサン共!

ってことで、以上です。

武雄温泉に関する情報は、こちらの記事「【佐賀】ふらっと立ち寄る武雄温泉!見どころ盛りだくさんの湯処」にまとめています。是非、他の記事も併せてご覧ください。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る