【福岡】名門大洋フェリーに乗ろう!JR門司駅から新門司港フェリーターミナルへの無料バス

大阪からJR武雄温泉駅までの移動には、ユタカライナーの夜行高速バスを利用しましたが、福岡からの面白い移動手段を探していたところ「大阪までフェリーがあるよ!」と教えてもらったので、北九州の新門司港フェリーターミナルから出航している名門大洋フェリーに乗って、大阪までの船旅を楽しんできました。

名門大洋フェリーはオンライン予約でネット決済が可能です。運賃は時期によって異なりますが、片道6000円台なので新幹線や飛行機と比べれば格安です。しかも、瀬戸内海を進む航路での落ち着いた時間が過ごせるのですから、こんなに素晴らしい移動手段はないです。

JR門司駅から新門司港まで無料送迎バスが運行

無料バスのことを説明する前に、とても重要なことがあります。JRの駅には、門司港駅というのがあって、門司港に行くんだから「まずは門司港駅に行こう!」と思いがちです。てか、私は門司港駅まで行きました。この記事で取り上げる新門司港フェリーターミナルまでの無料バスは、JR門司駅から出発するものですので、ご注意ください。

さて、門司駅の大里赤煉瓦タウン口を出ると、すぐにこの青い看板が見つけられるはずです。

名門大洋フェリーの大阪南港行きは、1日2便が出ていますので、それぞれの出航時間の1時間ほど前にJR門司駅からの無料送迎バスが出発します。門司駅のバスの出発時間は、16時と19時の2本です。

18時半ごろからフェリーの乗客たちが集まる

無料送迎バスの発車時刻が近づくと、上の青い看板の前を先頭にして、フェリーの乗客たちが集まってきます。まぁ船旅に行こうという人たちなので、なんだか皆さんノンビリしていますが、一応は列になって並んで待ちます。

19時には、20人ほどが集まりました。大型フェリーの割には、この無料送迎バスの利用者は少なめで安心しました。

無料送迎バスが到着、荷物を預け乗車

時間通りに到着した送迎バスでは、運転手さんが荷物の積み込みを手伝っていただけます。大きなキャリーケースなどは預けて、車内へと乗り込みます。

定刻発車、いざ新門司港フェリーターミナルへ!

さすが日本ですね。定刻通りに発車した無料送迎バスは、20人程度の乗客を乗せて、フェリーが待つ新門司港へと出発しました。

2人席に1人ずつ座れる感じなので、これは快適です。

あっという間に、新門司港フェリーターミナルに到着

少し小高い丘をひとつ越えて、JR門司駅を出発してから走ること30分ほどで、あっという間に新門司港フェリーターミナルに到着しました。日本のタクシーは高いので、このわずかな距離でも、無料送迎があるのは嬉しいです。

フェリーは乗船準備完了

新門司港フェリーターミナルには既に、これから乗り込む「フェリーおおさかⅡ」が乗船準備を整えて、停泊しています。この船は、2015年に投入された新造船で、名門大洋フェリーが保有するフェリーのなかでも最大級のものです。

広々とした船内空間や、夜景が楽しめるラウンジなどを備え、以前のフェリーよりも大幅にグレードアップしたとのことなので、早く乗船して船内の様子が見たいです。

つづく。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る