【佐賀】狩野派絵師のリアル芸術!武雄鍋島家の別邸庭園「御船山楽園」というキャンパス

武雄市街を代表する観光名所と言えば、やはり武雄温泉ですが、お時間に余裕がありましたら立ち寄っていただきたいのが御船山楽園です。

御船山楽園は、武雄を治めた領主である武雄鍋島家が別邸に、狩野派の絵師を招聘して3年がかりで作らせたという大規模な庭園です。武雄鍋島家は、季節の花を大切にしたようで園内には季節ごとに美しい花が咲き乱れます。特に、つつじ、紅葉などが有名です。今回は真夏のために何の花も咲いてないですが、緑に溢れ、気持ちの良い場所でした。

歩くと遠いから、タクシーで行きましょう

まずはアクセス方法ですが、武雄温泉や駅などからは地図で見るよりも随分と遠く感じます。常に御船山が見えている状態なのですが、全然近付きません。幹線道路を歩くので、歩くこと自体、全く楽しくないです。なので、自家用車で行かれるか、タクシーを利用されるのがオススメです。

まぁ、私は歩いて行ったので、ここに辿り着いた時にはヘトヘトでした。

入場券は、ゲート手前にある売店で購入しました。入場料は季節によって異なるようですが、今回は400円でした。

山の麓の斜面を利用した起伏のある大庭園

いわゆる池泉回遊式庭園というやつで、入園してスグに大きな池があり、その先には、狩野派の絵師によって計算しつくされた美しい庭園が続きます。日本庭園内の池っていうのは、水面に映る自然を楽しむものだと、誰かが言ってました。

縁側から眺める枯山水の庭園も良いですが、自然の中を歩く回遊式庭園も悪くないです。真夏だからこそ、自然の木漏れ日のなかを歩くのが気持ちいいです。

巨大な岩がカッコいい!この迫力を楽しもう

花の咲かない季節に来ているので仕方ないのですが、やはり緑ばかりを愛でているのにも限界があります。ただ、庭園内に配置されている岩は、1年を通して楽しめる見事な鑑賞物です。

まぁ、写真では伝わらないので、現場に行って眺めてください・・・。

あと、分かりやすいところでは、紅葉の樹が根を張る大岩がありました。紅葉の根が大岩を砕いたのか、岩の割れた部分に紅葉が根を張ったのか分かりませんが、自然が作った見事な芸術作品です。これも狩野派の仕業なんですかね。

やはりメインは、行基の五百羅漢である

木々や花を愛でたり、岩を愛でているのも良いですが、御船山楽園のメインコンテンツと言えば、やはり行基が遺した五百羅漢です。五百体の仏像が、この地で彫られたわけですが、そのうちの3体が特に有名です。

五百羅漢は洞窟のなかにありますので、そこまでの道のりは御船山楽園のなかでも少し険しいです。まぁ、ちゃんと整備されていますので、トレッキングというほどではありませんが、ビーチサンダルではちょっと辛いです。私はビーチサンダルで行きましたが。

で、辿り着いた先が、こんな場所です。

大きな岩に開いた洞窟のなかに、お目当ての五百羅漢があります。御船山楽園を訪れても、ここに来なければ意味がないと私は勝手に思ってますが、全く人気がないので、もしかしたら私の勘違いかもしれません。

ってことで、五百羅漢のなかについては記事を改めます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る