【VALU優待レビュー】くらげさんの”特別テキスト「VALUで自分の価値を高める紹介文の書き方」贈呈” #VALU

個人の疑似株式が発行できる評価経済を具現化したウェブサービス「VALU」では、個人のVA(株式のようなもの)を購入することによって、VAの値上がりによるキャピタルゲインだけではなく、様々な個性あふれる優待による「インカムゲイン」を得ることが出来ます。

今回は「くらげ/サラリーマンな物書き」さんから優待レビューの執筆をご依頼いただき、くらげさんのVA保有者のみが閲覧できる特別テキスト「VALUで自分の価値を高める紹介文の書き方」を読ませていただきました。ってことで、くらげさんの優待をレビューさせていただきます!

この文章を読む前に、まずは「くらげさんのVALUのページ(くらげ/サラリーマンな物書き)」を覗いていただければと思いますが、まぁ読了後でも良いです。皆さんにお任せします。では、早速ですが優待レビューです。

聴覚障害と発達障害がある物書き、くらげさん

実は、くらげさんとはTwitter上で何度かツイートによるやりとりをさせていただいたことがあります。なので、くらげさんについて全く何も知らない状態で”特別テキスト”を読ませていただいたわけではありません。

私が事前に知っている事柄として、くらげさんは聴覚障害と発達障害のある方です。くらげさんのブログ「世界はことばでできている」においても、ご自身の障害に関することや、障害者からの視点で、多くの記事をアップされています。最近の記事だと「「発達障害っぽい人が身近にいたらどうすればいいの?」ってお話」なんてのを見ると、くらげさんの立ち位置というか視点というかが分かりやすいかもしれません。

私自身が、くらげさんに対してツイートで質問した内容と言うのも「障害者に対して有益な情報とは何か?」って感じの内容で、これに対しては以下のような答えをいただきました。


そもそも、このツイートの最初って「障害者のひとについて語るのって部外者にとっては重すぎて困る」みたいなことを私が言ったのが始まりなんですが、何かと丁寧に的確な答えが貰える方だなぁと言う印象を持ちました。

くらげさんの優待である”特別テキスト”を読む前に知っていた事柄は、こんな感じです。

自分の価値を見つけ、自分の価値を表現する手引き書

くらげさんから特別テキストをいただいたのが夜のことだったのですが、その直後に一度、さらに翌朝に一度と、全文を2回読ませていただきました。そして今、改めて本文を読みながら、このレビューを書き進めています。

で、まずはタイトルについてですが、「VALUで自分の価値を高める紹介文の書き方」という風に題されているのですが、「VALUでの自己紹介スキルを高めよう!~自分の価値を見つけ、自分の価値を表現する手引書~」みたいな感じの方がしっくりくるような気がします。なぜなら、自分の価値について十分に気づいていない人に対して、いかに自分の価値を見つけ出せば良いのかという手順についても、かなり詳細に書かれているからです。

決して障害者であるというアイデンティティばかりを前面に押し出すわけではありませんが、くらげさんが障害者であるということが「自分の価値を見つける」というスキルを高めているんじゃないかと感じます。テレビや雑誌などで、あるひとりの障害者に密着した特集などがあって、自分の背負った障害に対して落ち込む時期があったけど、あることをキッカケに再起したっていうようなストーリーがあるじゃないですか。いわゆるターニングポイントってやつですが、くらげさんの特別テキストでは半ば意図的にターニングポイントを演出する手順が書かれています。

表現者(物書き)としてのスキルが高いので安心

くらげさん自身が”特別テキスト”のなかで、「(自分自身が)「価値」のある人間ではありません。」なんて書かれているんですが、その一方では「「書く」という能力だけはある」とも自己評価されています。おそらく様々な読者の顔を想像しながら文章を書くタイプの方なので、随所に様々なタイプの人を気付かった表現が織り交ぜられているんですけど、それでも本題を逸脱しない文章の構成には、かなり安心感があります。既に書籍を執筆され、累計2万5000部の販売実績のある方なので、当然と言えば当然ですが。

(私信:ちなみに、「計2万5000部」ってところ、「計」が「系」になってますよ。)

ただ、文章については申し分がないのですが、ひとつ言わせていただくなら段落ごと(あるいは章ごと)に、「ポイントとなる部分のまとめ」のようなものが欲しいですね。これは構成とか、見せ方という部分ですが、それなりにボリュームたっぷりの文章ですので、区切りが欲しいなぁと感じました。まぁ、そんなことは読者の方が自分で処理しろっていう話でもありますが。

あと、似たような指摘ですが、図解が欲しいです。内容的に写真などを掲載することは難しいと思うので、全体のアクセントとして要点を図解したものがあると、とても読みやすいと思います。たしかVALUのなかにも「見える化」のプロとか、「図解」のプロみたいな人がいたはずなので、そんな人たちにも協力を要請すると、さらに”特別テキスト”の露出が増えるのかもしれません。

この優待は「めっちゃ普通のひと」にオススメします

決して毎回、優待レビューをオススメするわけではありませんが、このくらげさんの優待”特別テキスト「VALUで自分の価値を高める紹介文の書き方」贈呈”に関しては、確実に読んで欲しい層がいます。それは「めっちゃ普通の人」です。

自分には他人に売り込めるような価値がない普通の人間だと思っている人って、世の中には相当な数が居ると思います。そんな人の中にも、果敢にVALUに挑戦している人はいるのですが、どうしても自身の売り込み方を間違っていて、VAを買ってもらうどころか、次々と自分の価値を下げるような発言ばかりを繰り返したりしています。

ですから、くらげさんという「(自分自身が)「価値」のある人間ではありません。」なんて言ってる人が、どのようなプロセスによって自分を見つめなおし、自分の価値を売り込もうとしているのかを知ることは、とても有意義なことです。決して自分を偽ったり、他人を騙したりするような悪どい手段ではなく、自分が持っているものの中から自分の価値を見つけ出す方法論を知ることができます。

まぁ、逆に言えば、セルフプロデュースが上手で、自分を積極的に売り込めている人にとっては、この優待には価値がないのかもしれませんが、全ての人に価値があるものを提供できるのは医者とか消防士くらいのものですから、それはそれで別の優待を探せば良いのだと思います。ただ、自分がやっているセルフプロデュースに対して限界を感じているような人は、もう一度、自分自身を見つめなおす機会にはなるのかもしれません。

 

ってことで、他人には「ポイントをまとめろ」とか「図解を入れろ」とか言いつつ、全くの文章だけを書きなぐりましたが、以上で「くらげ/サラリーマンな物書き(https://valu.is/kurage313/)」さんの優待”特別テキスト「VALUで自分の価値を高める紹介文の書き方」贈呈”のレビューは終了です。

 

なお、この優待レビューは、私(きゃっぷ@キャプロア)の優待”「貴方のVA保有者向けの優待を体験してレビューします!」という優待”として執筆させていただきました。私のVAをお持ちの方、あるいは新規で持っていただける方で、このような優待レビューをお望みの方は、VALUのコメント欄、Twitter、Facebookなど、どのような連絡方法でも構いませんので、ご連絡いただけますと嬉しいです。

きゃっぷ/キャプロアのVALUページ(https://valu.is/caplore)

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る