【タイ】チェーンワッタナの出入国管理局(イミグレ)へ行こう!

夜明け前、早朝5時にバンコクの高速道路をタクシーに乗って疾走しております。日中は、どこもかしこも渋滞になるバンコクですが、さすがにこんな時間だとクルマの数もまばらで、タクシーの運転手さんも快適なドライブにご機嫌そうです。

本日の目的地は、バンコク北郊のチェーンワッタナ通りにある出入国管理局(イミグレーション)です。タイで働いている外国人は年に1回、出入国管理局に出向いてビザを更新しなければなりません。今日は、そんな日です。

バンコク都心からチェーンワッタナまでの交通手段

通常、バンコク都心からタクシーに乗った場合、高速料金が100バーツ前後で、タクシー運賃が200バーツ程度です。合わせて300バーツなので、鉄道とタクシーを乗り継ぐなどの創意工夫をするよりは、素直にタクシーに乗った方が良いと思います。オッサンが本当にご機嫌で、まともな写真が撮れないくらいガンガン飛ばしてくれるから。

電車(地下鉄やBTS)を使うメリット

大まかな方角で言うとドンムアン空港の方なので、チャットチャックの辺りまでBTSか地下鉄で行って、駅からタクシーあるいはバイクタクシーに乗り換えるという手段もあります。あまりに都心でタクシーを捕まえると、チェーンワッタナなんて郊外まで行きたくないと断られるケースが多いですが、ここまで来れば大半のタクシーが乗せてくれます。

あと、渋滞しているような時間帯の場合にも、電車で近くまで行くのが良いかもしれません。

バンコク郊外チェーンワッタナの出入国管理局に到着!

まぁ年に1回なんだから我慢しろと言われれば、それまでなんですが、とにかく遠いんですよ。まぁ、運転免許の更新のために試験場に行くときのような気分です。数年に1回しか行かないけど、遠くて不便な場所に行くのって憂鬱じゃないですか。あれです。

ってことで、私のテンションは低くても、タクシーは爆速で進むので、あっという間にイミグレーションのある建物に到着しました。

さて、今日も長い1日になりそうだ。

 

この記事は「【タイ】年1回の苦行!イミグレ待ちの退屈時間を何とかしてみる」という一連のシリーズのひとつの記事です。よろしければ、他のものも併せてご覧いただければ、書いた人が喜びます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る