【タイ】斬新すぎる行列!タイ流イミグレーションの並び方

午前6時、タイ出入国管理局(イミグレーション)の入居している政府複合庁舎に到着しました。チェーンワッタナの出入国管理局(イミグレ)へ行こう!と元気よく家を飛び出しまし、ご機嫌なタクシーの運転手さんとの会話に心が弾み、すがすがしい気持ちです。まぁ、嘘ですけど。

では、せっかく早い時間に到着したので、急いで建物に入りたいと思います。

イミグレに最も近い出入口は、政府複合庁舎2番ゲート

おいおいこの政府複合庁舎の全貌についてもご紹介しますが、入り口を間違うと結構大変な目に遭います。タクシーの運転手さんが「ここで降りろ!」と言っても、そこにあるのが2番ゲートじゃなければ、断固として2番ゲートに連れて行くように訴え続けましょう。

ちなみに、この建物では出入口にて荷物チェックがあります。まぁ、タイの鉄道の荷物チェックが意味なしなのと同じく、全く安全を守ってくれている感じはしません。なぜなら金属探知機がピコピコ鳴ってても何も気にしないから(笑)

2番ゲートから入れば、すぐそこにイミグレ!

建物内に入ると、大量の椅子が並ぶ空間があります。そして、この空間と隣接する形でイミグレーションがあります。朝早くだというのに、もうすでに来ている人が何人もいます。

イミグレーションの受付時間は、午前8時半から

ビザ更新などの手続きを行うイミグレーション(タイ出入国管理局)の受付時間は、午前8時半から正午、午後1時から4時半までです。まぁ今の時間は午前6時なので受付までには随分と時間があります。ただし、すでに10度目くらいの来訪ですから、もちろん時間を間違えて早く着きすぎたわけではありません。

受付開始まで2時間半、行列に並ぼうじゃないか

ビザ更新という憂鬱な時間を少しでも短くするためには、朝早くから来て、とにかく早く行列に並ぶことがポイントです。もしかしたら一番乗りではないかとさえ思ったのですが、残念ながら先に来ている人がいっぱい。数えてみたら32番目でした。一応、それなりに頑張った方だと思います。

で、気合いをいれて2時間半の進むことのない行列に並ぶわけですが・・・これは斬新!

写真の一番奥に見えるのが、イミグレーションの入り口です。そして、その扉へと列をなしているのが、ヒトではなくモノです。

並んでいるモノを見てみると、紙袋やポーチなどのカバン類が多いですね。あと、名前が書かれた紙も並んでいます。先頭の方に陣取っているのは就労ビザなどの手続きを代行するタイの会社の人たちのもので、何時から並んでいるのか分かりませんが、これ以上前に並ぶことは不可能だと思われます。

それにしても、なんていうか馬鹿らしい。

日本人なら律義に行列に並んだままで2時間半を待ち続けるでしょうし、中国人なら紙袋などの行列を無視して、受け付け開始と共に全員そろってイミグレーションに駆け込もうとするかもしれません。タイの場合は、そんな両国の中間的な感じでしょうか。自分では並びたくないけど、一斉になだれ込むのも嫌っていう感じ。

奇麗に真っすぐに行列を作っていて、偉いですね(笑)

 

この記事は「【タイ】年1回の苦行!イミグレ待ちの退屈時間を何とかしてみる」という一連のシリーズのひとつの記事です。よろしければ、他のものも併せてご覧いただければ、書いた人が喜びます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る