【まとめ】各国の通史なら!山川出版社「新版 世界各国史」シリーズ 全28巻

歴史に強い山川出版社が出版している「新版 世界各国史」シリーズについて情報をまとめています。私自身、まだ全てを購入・読了したわけではありませんので、このページは随時更新いたします。

ちなみに、日本の都道府県ごとの歴史を知るなら、同じく山川出版社の「歴史散歩」シリーズがおすすめです。

世界史では見えない各国の歴史を知りたい

学校における歴史という科目は、日本史と世界史に分かれています。日本は自分たちの国だから詳細を学ぶことに価値があり、日本以外の国については全てをまとめて学びましょうってことなんですが、これに違和感を感じていました。いや、日本史を学ぶ分には良いのですが、その他の国についての歴史に関する理解が、どうしても薄くなってしまいます。

もちろん、世界史として地球全体で起こったことをまとめて学ぶからこそ理解が深まることだってあります。メソポタミアからキリスト教、ヨーロッパ、アメリカという流れには、広い地域の歴史を俯瞰的に見ることの重要性を感じます。アジアとヨーロッパに大別して世界史の大きな流れを知っていることは、とても重要だと思います。

でも、これだと不十分だと感じることが多々あります。例えば、私が暮らしているタイの歴史について学びたいと思っても、世界史という大きな流れのなかでは、タイのことなんて僅か数行あるかないかです。言葉として記憶にあるのは、チャオプラヤー川とアユタヤくらいでしょうか。もしかしたらアユタヤは、日本史の授業で習ったのかもしれません。

イギリスや中国などの大国について知りたいなら、世界史の教科書で十分です。でも、イタリアとかオランダくらいの大きさと知名度がある国でさえ、もう世界史ではお手上げです。でも、世界史だけでは見えないような世界各国の歴史が知りたいんです。ってことで、いきなり全部は無理ですが、少しずつ興味を持った国や地域のものから、この山川出版社「新版 世界各国史」シリーズを買い揃えています。

山川出版社「新版 世界各国史」シリーズ

既に発行されている全28巻は以下の通りです。私は最初、これを見たときには「各国史って言ってるくせに、国ごとに分かれてないじゃないか!」って思いましたが、よくよく考えてみると、近代国家が成立したのは最近の話ですし、ある程度の地域的まとまりのなかで歴史が作られていることを踏まえると、見事な分類だと思います。みなさんも是非、興味のある地域の歴史について学んでみてください。

日本史

もちろん世界各国通史のなかに日本史も含まれるべきだと分かるんですが、購入すべきなのかどうか悩み中です。

 

朝鮮史

歴史創作ファンタジー民族の本当の歴史が知りたいのですが、まだ未購入です。

 

中国史

日本史を学びながらも、必要な時には同時代の中国史を確認しています。購入済み。

 

中央ユーラシア史

(収録国)モンゴル、中国(内モンゴル、チベット、新疆ウィグル自治区)カザフスタン、クルグズスタン(キルギス)、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン

 

東南アジア史Ⅰ(大陸部)

(収録国)ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー

参照した記事

【タイ】バンコクから日帰りできる古代遺跡!コークパノムディ遺跡

 

東南アジア史Ⅱ(島嶼部)

(収録国)インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ブルネイ

 

南アジア史

(収録国)インド、パキスタン、ネパール、ブータン、バングラディシュ、スリランカ、モルディブ

 

西アジア史Ⅰ(アラブ)

(収録国)イラク、シリア、レバノン、イスラエル、ヨルダン、クウェイト、サウジアラビア、バハレーン(バーレーン)、カタール、アラブ首長国連邦、オマーン、イエメン、エジプト、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコ

 

西アジア史Ⅱ(イラン・トルコ)

(収録国)アフガニスタン、イラン、トルコ

 

アフリカ史

(収録国)サハラ以南のアフリカ諸国

 

イギリス史

(収録国)連合王国、アイルランド

 

フランス史

 

ドイツ史

 

スイス・ベネルクス史

スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク

 

イタリア史

 

スペイン・ポルトガル史

 

ギリシア史

 

バルカン史

(収録国)ルーマニア、モルドヴァ、ブルガリア、ユーゴスラビア連邦、マケドニア、スロヴェニア、クロアチア、ボスニア=ヘルツェゴヴィナ、アルバニア、ギリシア

 

ドナウ・ヨーロッパ史

(収録国)オーストリア、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー

 

ポーランド・ウクライナ・バルト史

(収録国)ポーランド、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ラトヴィア、エストニア

 

北欧史

(収録国)デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランド

 

ロシア史

(収録国)ロシア連邦、グルジア、アルメニア共和国、アゼルバイジャン共和国

 

カナダ史

 

アメリカ史

 

ラテン・アメリカ史Ⅰ

(収録国)メキシコ、中央アメリカ、カリブ海

 

ラテン・アメリカ史Ⅱ

(収録国)南アメリカ

 

オセアニア史

(収録国)オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸国

 

世界各国便覧

世界各国シリーズを総覧するためには必要だと思うけど、アマゾンのレビューで「やっつけ仕事」なんて書かれているので、怖くて買えません。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. JR武雄温泉駅から長崎駅へと向かうとき、長崎県内の早岐(はいき)駅から乗ったのがシーサイドライナーで…
  2. 数年前には、かなりお茶好きとして世界中のお茶をオンライン通販で買い付けて、毎週のようにタイの税関当局…
  3. 長崎市の沖合にある炭鉱で栄えた軍艦島への上陸を目指すツアーの連載も、これが最後です。 日本に訪…
  4. 皆さま、平素より、お世話になっております。 読書しながら世界を旅するブログ「キャプロア」の運営…
  5. 由緒正しい歴史のある武雄温泉の近くに店を構える山里屋菓子老舗は、シュガーロードとも呼ばれる長崎街道沿…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る