【日本語】ウェブサイトの漢字に”フリ仮名”を付けてくれる「ひらがなめがね」

日本語を学んだから、インターネットで日本のニュースを読んでみようと好奇心旺盛な学生たちは、漢字で溢れた記事を前に、途方に暮れてしまいます。中国や台湾などの漢字圏の学生たちにとっては、慣れ親しんだ漢字が並んでいることが安心感になりますが、その他大勢の日本語学習者にとって漢字は、日本語の文章読解の大きな障壁となります。

そこで、是非、日本語を学んでいる学生たちに教えてあげて欲しいのが、「ひらひらのひらがなめがね」というサイトです。

http://www.hiragana.jp/

とてもシンプルなウェブサイトですが、すごく役に立つ機能を持っています。

URLを入力するだけで、フリ仮名付きのサイトに一発変換!

「ひらがなめがね」の中央にある「http://」に続く検索窓に、日本語のウェブサイトのURLを入力して、「GO」ボタンを押すだけで、見たいサイトに画面が切り替わって、全ての漢字にフリ仮名が振られます。

http://www.hiragana.jp/

例えば、国際交流基金(Japan Foundation)のスマホアプリ「Memory Hint」を紹介した記事のURLを「ひらながめがね」に入力してみると、こんな風に表示されます。是非、元の記事「【日本語】ひらがな、カタカナを覚えるスマホ学習アプリ「Memory Hint」(無料)」と比較してみてください。

http://trans.hiragana.jp/ruby/http://www.caplore.com/hiragana_katakana_memory_hint/

メンバー登録すると、文章のフリ仮名付け変換も出来る。

とてもシンプルなページですが、会員登録機能があり、自分で書いた文章や、コピペした文章にフリ仮名をつける機能を利用することができます。たとえば、こんな文章を書いてみました。

http://www.hiragana.jp/reading/

そして、入力画面の左上にある「変換」をクリックすると、以下のようにフリ仮名付きの文章が出力されます。

http://www.hiragana.jp/reading/

英語のほか、中国語、広東語、韓国語、タイ語で利用が可能。

トップページの右上に、各言語の切り替えのためのリンクがあります。シンプルで分かりやすいサイトなので、特に各国語に切り替える必要性は感じませんが、母国語で使える方が、安心感が得られるかもしれませんね。とはいえ、言語が切り替わるのは、URL入力欄の上の文章くらいですが。

http://www.hiragana.jp/th/

是非、みなさんの周りの学習意欲旺盛な日本語学習者たちに、「ひらひらのひらがなめがね」を教えてあげてください。きっと、様々なサイトを見ることが出来て、さらに日本語が上達することと思います。

キャプロア(Caplore.com)では、外国人に日本語を指導されている日本語教師の皆さんを、応援しています。

【スポンサードリンク】

きゃっぷ

投稿者プロフィール

バンコクを拠点に、タイおよび周辺国にて、日本のテレビ局、新聞社、出版社、シンクタンク、広告代理店などの調査・リサーチ業務を行う。また、バンコクの教育機関のアドバイザーを務める。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る