月刊ふみふみ 第5号「私の中の鬼」(2019年1月29日発売)

~鬼が目を覚ますとき~
作品に命が吹き込まれる、エッセイと小説の本格文芸誌です。
読み物として楽しんでいただける他、エッセイや小説の技術を学べる内容になっています。
今回は「私の中の鬼」というテーマで、作家たちが書き上げました。
哀しみの鬼、母鬼、男をダメにする鬼、復讐の鬼など、普段は穏やかな大人たちの「心の鬼」が目を覚まします。
いずれも原稿用紙4枚までのショートストーリー。濃縮した面白い作品が揃いました。
添削と推敲の過程を洗いざらい載せたコーナーでは、小説の講師仲谷が中心になり、マニアックに展開していきます。あまり知られていないプロの技術をお楽しみください。

 

内容紹介

【雅子】テーマを考えてましたが、センスがなく、こんなんしかでてきませんでしたー
◎衝動
◎答え
◎足音
◎寄り道
【ゆー】1月末発売で読まれるのは2月ということを考えるとですねー
【ゆー】滑って転んで痛いで
【ゆー】『痛い・・・』とか
【ゆー】実際に痛いとか、痛い人でもいいかな
【ゆー】痛いに限らず、思わず読んでみたくなるようなタイトル
【雅子】2月なんですね、なるほど。
【ゆー】まさちゃん案からだと、『寄り道で成功したこと失敗したこと』みたいにすると興味を惹くことができそうと思います。
【雅子】おぉ。
【すみれ】痛い→痛い人→痛いヒット(笑)
寄り道で成功したこと、失敗したこと、猪突猛進で成功したこと失敗したこと。
【ゆー】足音なら『不安な足音』とか
【雅子】失敗もいい!
【雅子】傷、とかもどうやろ、暗いかな
【ゆー】2月だから『今年初の失敗』もありそう。でもこれは週刊っぽいね。
【すみれ】たしかに来年は、大きな変化がさらにあるらしいですよね。
傷 カサブタ 膿 海
【ゆー】書く人の書きたい と 読者の買ってみたい が一致した時にヒットするんですよね。
【すみれ】おぉー
【ゆー】傷なら  『傷に沁みた話』 とか。暗くなりそうね(笑)
【すみれ】とりあえず浮かぶものを羅列してしまいます。
私の密かなたくらみ↓
私の密かな秘め事
秘め秘め 
2月 節分
鬼 わたしにとっての鬼 鬼のいぬまのせんたく 鬼の居ぬ間の選択 鬼の犬魔の選択 
月刊 ひめひめ(←ある意味エロいのかな。逆に検索される?)
【ゆー】わたしにとっての鬼  いいかも♪
【ゆー】みんな史子先生のことをかわいらしい鬼にして書きそうだけど(笑)
【すみれ】あるかも
【すみれ】笑
【ゆー】お昼頃に本人がここ読むんだろうな(笑)
【すみれ】2月にはもういっさい流れてないかな。あえてのカモンベイベー〇〇
【ゆー】そうですねー。流行物は週刊でやる企画っぽいですね。
【雅子】鬼って割と深いかもしれない。。
【ゆー】軽く書く人と、深い話を書く人といそうですね。
【仲谷 史子】私の中の鬼
私にとっての鬼
鬼はうち
【仲谷 史子】鬼、良いでんなあ^ ^
おはようございます
【仲谷 史子】失敗とか痛い、傷も文芸にぴったり
【すみれ】おはようございます
【仲谷 史子】鬼だけのテーマが良いか、私の鬼私にとっての鬼
私の中の鬼などにするのが良いか
福はうち、鬼もうち
【雅子】書きやすいのはどれでしょうね。
【雅子】どれがいいだろう。。
【雅子】鬼だけのほうが書きやすいですかねぇ。
【すみれ】私の中の鬼 は範疇が広がるかなぁ、と思ったり。
【仲谷 史子】私の中の鬼良いねー!
読者の気を引きそう
書き手も取り組みやすいこれでいきましょか
【雅子】いいですね!
【すみれ】はい!
【仲谷 史子】キマリ、で良いですか
【すみれ】はい!
【雅子】はい!
【仲谷 史子】了解です!では、私の中の鬼
【仲谷 史子】決定!
【すみれ】わぁ、あっと言う間に決まったー!!

(はじめにより)

コンテンツ

はじめに

目次

テーマエッセイ『私の中の鬼』

  • 泣きたいのは(月野えみこ)
  • 赤鬼(枸杞)
  • ヤるか!(ななや)
  • テーマ小説『私の中の鬼』
  • ミノ剥がし(夏生)
  • お茶の味わい方(森羅万太郎)
  • 交差点(峯本雅子)
  • 血縁(北川涼子)
  • 友達申請(仲谷史子)
  • 余分(中田ひろこ)

ふみ先生の部屋(チャットルーム)

  • 公開添削により作品が完成!

連載小説

  • 治療とその効果 第5話(五十五一六)
  • 静謐(せいひつ) 第二話 ― ただならぬポーチ ―(うまべぐ)

ビフォーアフター

  • 夜の聖域(鈴木あい)

月刊ふみふみ 第5号エンディング

いよいよNo.5 月刊ふみふみ作品人気投票の結果発表!

仲谷史子より作品の感想

  • 感想(その1)
  • 感想(その2)
  • 感想(その3)
  • 感想(その4)
  • 感想(その5)

月刊ふみふみ 第5号 参加者自己紹介

月刊ふみふみバックナンバー

 

 

表紙デザイン

書籍データ

タイトル:月刊ふみふみ 第5号

 

土谷尚子

土谷尚子Interior Coordinator

投稿者プロフィール

土谷尚子(つちやなおこ)●1968.11.29.大阪府羽曳野市生まれ。インテリアをコーディネートしたり、写真を撮ったり、記事を書いたりしています。週刊キャプロア出版では執筆ギルド、広報ギルド、デザインギルドに参加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Information

誰もが参加できるティールな出版グループ。文章を書きたい人、デザインしたい人、編集したい人、出版して見たい人、マネタイズしたい人。一緒に出版しよ!

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。