【タイ】トップレス営業!コーヒー・バイ・ブンブム(ロッブリー)

久しぶりにカフェシリーズです。

カフェを淡々と紹介することによって、その土地柄を感じられることを目指しているカフェシリーズなので、あまりキワモノを出したくないと思ってるんですけど、今回はタイ中部ロッブリーで見つけたキワモノです。店舗のかわいらしさと、オッサンの雰囲気のギャップが、何とも言えない味わいを醸し出しておりました。

ロッブリー県立博物館の目の前にある青い外観のカフェ

早朝、ロッブリーの街をウロウロしていたら、かわいらしい雰囲気のお店を発見しました。朽ち果てたレンガ造りの建物ばかりのロッブリーの街にあって、珍しい感じの店です。

写真の右に見えるのがロッブリー県立博物館の敷地を取り囲む壁で、コーヒー・バイ・ブンブムは正面玄関の目の前に位置しています。

トップレスのオッサンが淹れてくれるサービス

店内を覗き込んでみると、トップレスのオッサンがひとり立っており、注文をするとスグにコーヒーを淹れる作業を始めました。ちゃんと大型のマシンが導入されていて、こだわりのコーヒーを提供しているようです。

店内で座って待っててと言われたので、素直に席に着いて待つことにしました。

それなりに美味いアイスカフェラテ、40バーツ

まだ他に客はなく、BGMもなく、そしてトップレスのオッサンも無口なので、外を走るクルマやバイクの音以外には基本的に無音の店内は、とても快適です。こういう地方の店に行くと「何人だ?日本人か?」などと聞かれて面倒くさいことがありますが、いい意味で放置してくれるのが嬉しいです。

まぁ、しばらく経って、オッサンの奥さんがどこかから帰ってきて静寂は破られましたが・・・。

ロッブリーの歴史や観光情報については、「【タイ】東南アジア3500年の歴史を堪能せよ!ロッブリー旅行記」にまとめています。是非、他の記事も併せてご覧ください。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る