【タイ】ビザ申請用の証明写真、パスポートコピーを用意する

午前7時半すぎ、チェーンワッタナの政府複合庁舎にも少しずつ活気が出てきました。まだ出入国管理局(イミグレーション)の受付開始には1時間ほどありますが、事前にやっておくべきことがあります。ビザ申請用の証明写真が計3枚(就労ビザ更新に1枚、およびリエントリービザの申請に2枚)必要なのですが、完全に忘れていたので、今から用意します。

タイには日本のような自動で証明写真を撮ってくれるマシンはありませんが、証明写真が必要になる役所の周辺には必ず、写真屋さん兼コピー屋さんがあります。

大きな看板を辿れば、証明写真&コピー屋さんに着く

イミグレーションのある階からエスカレーターで降りたフロアに、商業店舗が数多く入居しており、このなかに証明写真とコピーのサービスを行う店舗もあります。こんな写真のような感じの目立つ看板が、建物の至る所に設置されていますので、これを辿っていけば、ちゃんと店舗まで誘導してくれます。

タイ人に道を尋ねると、知ってても知らなくても「あっち」とか「こっち」とか答えるし、幹線道路沿いにある「バンコクまで20キロ」などの道路標識に数キロ単位の誤差があったりして、タイにおける方向や距離に関するガイドのいい加減さには未だに慣れませんが、ここの看板の表示はかなり正確です。矢印の方向に進めば、ちゃんと店があります。

7時半すぎから証明写真&コピー屋さんは営業中!

営業を開始した瞬間を目撃したわけではありませんので、正確な営業時間は分かりませんが、午前7時半の段階では証明写真とコピーのお店が、しっかりと営業していました。私はいつも写真右側のオレンジ色の店を使います。他の店を使ったことがないので比較が出来ませんが、対応が早くて素晴らしいです。

ちなみに、証明写真をとったり、パスポートのコピーをしてくれる店は、政府複合庁舎のなかに(確認できた限りでは)計4店舗があります。上の写真の2店舗からも近い場所にありますので、両店舗が混みあっている場合には、そちらを利用することも可能です。

オレンジの店:右がパスポートコピー、左が証明写真

おそらく1日に数百人の来客をさばく店舗ですので、対応が迅速であり、外国人にとっても分かりやすい仕組みになっています。入って正面の右側のカウンターでは、パスポートなどのコピーに対応してくれます。ビザのためのコピーだということは明らかなので、パスポートさえ渡せば必要な箇所を全てコピーしてくれます。もし、特定のページだけをコピーする場合には、その旨を伝えます。1枚2バーツ(約6円)です。

そして、写真の左端に見切れているのが左側のカウンターで、こちらでは証明写真の撮影をしてくれます。椅子に座ったらスグに撮影してくれて、写真の確認も何もなく、とにかくスピード最優先で作業が進められます。ビザ申請用の証明写真なんて誰にも見せることがないですから、この対応で問題ありません。

これが証明写真の方のカウンターですが、左側に青色の布が吊り下げられていますね。これがバックドロップになり、右の植物の向こうでパソコンに向かっているお姉さんが、写真をとって出力するまでを担当してくれます。

証明写真のお値段は、4枚セットで100バーツ(約300円)です。

ついでに、その他の店舗の写真も掲載しておきます。

まぁ、せっかく写真を撮ったのに使わないのは勿体ないので、詳しいことは分かりませんが、証明写真やパスポートコピーに対応してくれる店舗を、写真のみで紹介いたします。

まずはこちら。見ての通り、基本的にはパソコンと周辺機器を扱う店ですが、証明写真やパスポートコピーのサービスもやっている店です。まぁ使ったことがないので、何も言えることはありません。

続いては、通路沿いに露店のような形で営業している証明写真屋さんです。やや本格的な撮影機材が用意されていますので、ビザ更新用の写真であっても美しい自分でありたいという方は、ここで撮れば良いかもしれません。そんな必要性は全く感じませんが。

ということで、ビザの取得のために政府複合庁舎を訪れたものの、証明写真を忘れたとか、パスポートのコピーを忘れたとかいう場合には、決して焦ることなく、地下にある店舗に行きましょう。本当にあっという間に問題を解決してくれます。

 

この記事は「【タイ】年1回の苦行!イミグレ待ちの退屈時間を何とかしてみる」という一連のシリーズのひとつの記事です。よろしければ、他のものも併せてご覧いただければ、書いた人が喜びます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る