【書評】生き方をポートフォリオする!「幸福の資本論」橘玲

海外投資を楽しむ会の「ゴミ投資家シリーズ」以来、橘玲(たちばな・あきら)さんの著書は、だいたい読んでいます。もちろん、「海外投資を楽しむ会」の会員でもあります。いや、アカウントを紛失したので、数年前に登録し直したんですが。まぁ、こんな感じで、橘玲という名前だけで、こんな怪しげなタイトルの書籍でも迷わずに買いました。ってことで、「幸福の資本論」です。

人は皆、3種類の資本を持っている。

「資本」と言えば、いわゆる経済力とか貯金額のようなものが頭に浮かびますが、人生における資本は、単なる金銭の多寡だけではありません。本書のタイトルが「幸福の資本論」である以上は、幸福になるために必要な要素は全て「資本」として取り扱います。そして、これらの資本の最適なポートフォリオ(組み合わせ)を考えることに、ほぼ全ての紙幅が充てられています。

人生における資本は、「金融資産」「人的資本」「社会資本」の3つです。最初に思い浮かんだ経済的な資本は、あくまで3つのうちのひとつであり「金融資産」に含まれます。その他の項目について詳しく書くとネタバレになってしまいますが、「人的資本」とは労働力としての価値、「社会資本」とは友人や交友関係などの人との繋がりを指しています。

3つの資本の組み合わせが、8つの人生パターンに

とても単純な話ですが、3つの資本である「金融資産」「人的資本」「社会資本」のそれぞれの項目について、持っているか持っていないかで分類した場合、全てを持っている人から、全てを持っていない人まで、8つの人生パターンが生まれます。どれか2つだけ持っている人が3パターン、1つだけ持っているひとも3パターンなので、足せば8つになりますね。

幸福になるための3つの資本の全てを持っていない場合には「貧困」というカテゴリーに入り、幸せを感じることが難しい状態になります。ここでの「貧困」という言葉が指すのは、単なる経済的な貧困ではなく、その他2つの資本も含めた大きな意味での「貧困」ですから、とても過酷な状況になります。

本書の中では、高額な宝くじに当たったことがあるい人が数年以内に「貧困」へと落ちていく仕組みを、この3つの資本によって明らかにしています。

橘玲さんの集大成とも言える本書

ゴミ投資家シリーズの頃は、香港上海銀行(HSBC)とか、バンク・オブ・ハワイとかに口座を作って、どのような投資商品を買って、どんな風に資産を運用しつつ、税的なメリットを受けるのかというようなことばかりが強調されていました。つまり、あの頃の橘玲氏には「金融資産」のことしか教えてもらえませんでした。

その後の同氏は、『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』とか、『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 』など、少しずつ人生というものを含めた大きな枠組みのなかでの「金融資産」についての考察に重点が置くようになり、これらの完結編、つまり集大成として本書が書かれたように思います。

まぁ、こんな感じですので、皆さんにとって最良の書なのかどうかは分かりませんが、これまでの書籍のなかで取り上げられた内容も再掲されていたりして、橘玲エッセンシャルズって感じの仕上がりになってますので、上に書いたようなことに興味のある方には是非、読んでみていただければと思います。

幸福の資本論

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. JR武雄温泉駅から長崎駅へと向かうとき、長崎県内の早岐(はいき)駅から乗ったのがシーサイドライナーで…
  2. 数年前には、かなりお茶好きとして世界中のお茶をオンライン通販で買い付けて、毎週のようにタイの税関当局…
  3. 長崎市の沖合にある炭鉱で栄えた軍艦島への上陸を目指すツアーの連載も、これが最後です。 日本に訪…
  4. 皆さま、平素より、お世話になっております。 読書しながら世界を旅するブログ「キャプロア」の運営…
  5. 由緒正しい歴史のある武雄温泉の近くに店を構える山里屋菓子老舗は、シュガーロードとも呼ばれる長崎街道沿…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る