【大阪】なぜか店内にド派手なピンクの看板!珈琲館「スイス」

日本全国各地には、昔ながらのレトロな雰囲気を残した味のあるカフェ、いや、喫茶店が数多くあります。

私自身、日本ではドトールでミルクレープが食べたいとか、タリーズの喫煙席の雰囲気が好きとか、特色あるスターバックスに行ってみたいだとか、チェーン店のカフェにも立ち寄りますが、実際のところは美味しいをコーヒーを飲むなら喫茶店だし、快適に落ち着いてタバコが吸いたいなら喫茶店だし、特色ある雰囲気を楽しみたいのなら喫茶店、やっぱり昔ながらのこだわりの店に行く方が数百倍、時間を有効活用できると思うわけです。

ってことで、大阪のレトロな喫茶店をひとつ、紹介します。

大阪球場の近くにあるレトロな喫茶店、いや、珈琲館「スイス」

この辺りは、3階建てや4階建てくらいの中層ビルが立ち並んでいるエリアです。大阪ミナミの中心地である難波からも徒歩圏内であり、ソフトバンクホークスの前身である南海ホークスの本拠地だった大阪球場(大阪スタヂアム)の周辺エリアです。もう、大阪球場では野球は出来ませんが。

それなりに近代的な建築物が並んでいるにもかかわらず、どこか大阪の下町らしい雰囲気が感じられる場所でもあります。

「スイス」のモーニングは、コーヒーとトースト、ゆで玉子で380円

大阪って、意外とモーニングサービスをしている喫茶店が少なくて、午前10時オープンとかの店が多かったりしますが、珈琲館スイスにはモーニングがあります。

なぜ店内にド派手なピンクの看板があるのか

これがほぼ珈琲館スイスの店内全景なんですが、とにかくカウンターの上に付いているド派手なピンクの看板が気になります。開店当初から、そこに付いているのか、もしくは他から移転してきたときに以前の店に付いていた看板が名残惜しくて、そこに付けたのか。

カウンターのなかで黙々と作業している店主に、質問する隙がありませんでした。

ただ、まぁ、長らく使っているのであろうスウェードの椅子と、既製品と手縫いのどちらとも取れる座布団の感じが、親戚の家に遊びに来たような感じで、非常に良いです。

ってことで、これが珈琲館スイスのモーニングセットだ!

ずっとアイスコーヒーばかりを飲んでいる私ですが、たまにはホットを注文しました。もう既にプラスチックの容器に慣れてしまいましたが、やっぱり陶器の器は良いですね。って、とりあえず何でも褒めてみる。

喫茶店のコーヒーって、チェーン店より美味いですよね。

あと、トーストと、ゆで玉子。

実は、この珈琲館スイスは、オムライスなんかが有名な店だったりするので、料理も高評価の店なので、トーストとゆで玉子だけじゃなくて、その他のメニューも注文してみたいところです。まぁ、トーストとか、ゆで玉子なんて、だいたい不味く作る方が才能が必要なものなので、普通に美味しくいただきました。

珈琲館「スイス」の情報まとめ

店名:珈琲館スイス

カテゴリ:カフェ

住所:大阪府大阪市浪速区敷津東1-5-10

Googleマップで、珈琲館スイスを見る

電話:06-6649-5155

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る