【タイ】Wi-Fiあります!タイの定番「カフェアマゾン」@タイ政府複合庁舎

えっと、またカフェです。

甘すぎるアイスカフェラテに撃沈した私は、もうチャレンジ精神を失って、タイの定番のカフェチェーンである「カフェアマゾン」にやってきました。このアマゾンは、タイの石油大手PTTが運営しているチェーンで、まずはPTTのガソリンスタンドに店舗を増やし、その後は、デパートやオフィスビルなどへも展開するようになりました。

今回利用したのは、ビザ更新の手続きに訪れたイミグレーション(出入国管理局)が入居している政府複合庁舎の地下にある店舗です。

吹き抜けの広々としたスペースにあるカフェ密集地帯

朝も早くからイミグレーションに来て、まだ午前6時過ぎにはオープンしていなかったカフェアマゾンですが、私がトップスデイリーで激甘アイスカフェラテに苦しめられている間に、開店していました。

この政府複合庁舎の地下の一角は吹き抜けの空間になっていて、なぜかカフェばかりが密集しています。この写真の屋根の部分を中心として、周りに5店舗のカフェがあります。そして、このようなセットが合わせて3つ、この建物にはあります。ほんの一部、カフェじゃない店舗もありますが、それでもひとつの建物の中に10以上ものカフェがあるって、結構珍しい気がします。

せっかくの吹き抜けなので、俯瞰で撮影してみました。

店舗では無料Wi-Fiの利用が可能

まだまだイミグレの受付開始時間までには随分と時間があるので、ノートパソコンを使うためにWi-Fiのある店舗の方が良いなぁと思ったのが、数あるカフェの中からアマゾンを選んだ理由です。たまたま相性が良いのかもしれませんが、アマゾンの店内Wi-Fiでは不具合があった記憶がありません。

Wi-Fiのパスワードは、レジのところで「Wi-Fi」と言えば、何かの紙に書いて手渡してくれます。

カフェアマゾン(Cafe Amazon)のアイスカフェラテ 60バーツ

コーヒーの好みは人それぞれですが、個人的にはスターバックスよりも、オーボンパンよりも、アマゾンのアイスカフェラテが美味しいです。まぁ、甘くなくてコーヒーの味が感じられれば、それ以上の贅沢は言うつもりはないです。この価格で、この味なら、もう十分に満足です。

やはり店内では、ノートパソコンを使っている人が多く、Wi-Fi目当てでアマゾンに来るというひとが多いのかもしれないと思いました。あと、全ての席ではありませんが、場所によってはコンセントがあって、勝手に使っていても怒られませんでした。

タイではお馴染みの2本タイプも3本タイプも差せるコンセントです。

ってことで、ど定番のチェーン店ではありますが、ちゃんとしたコーヒーが飲めて満足です。

 

この記事は「【タイ】年1回の苦行!イミグレ待ちの退屈時間を何とかしてみる」という一連のシリーズのひとつの記事です。よろしければ、他のものも併せてご覧いただければ、書いた人が喜びます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る