【福岡】本屋に泊まろう!ブック・アンド・ベッド・トウキョウ(後編)

さて、前回は「ブック・アンド・ベッド・トウキョウ福岡」に辿り着くところまでを書きました。

ブック・アンド・ベッド・トウキョウとは、「泊まれる本屋」というコンセプトの変なゲストハウスで、東京の池袋と、京都にも、系列のゲストハウスを開業しています。どうして本屋に泊まることになったのか分かりませんが、とりあえずブログのネタとしては十分に良い宿なので、私としては一切、不満がありません。

では、ブック・アンド・ベッド・トウキョウ福岡のなかを見ていきましょう。

ずらりと書籍が並ぶ、長い長い本棚

さすがは「泊まれる本屋」というコンセプトだけのことはあります。パット見た感じでは、図書館あるいは本屋にしか見えません。書籍は、観光関連本が多いように感じましたが、その他にも経済や自己啓発などの本もあります。

そんなことより、本棚の下に見えるスリッパに注目!

本棚のなかにベッドがある!

上の写真の角度からは、完全に本棚にしか見えませんが、実は、この本棚のなかがベッドになっています。チェックイン時にベッドの番号が伝えられるので、自分の番号のベッドを探します。

マンガとかドラマなどでは、スライド式の本棚の後ろに隠し部屋があるなんていう設定を見たことがありますが、なんていうかこんな感じでベッドがある設定は見たことがありません。マンガですら見たことが無い光景。

ベッド周りの設備を見てみましょう

中を覗いてみると、まさにマットレス1枚分だけの極めて狭いスペースがあります。そして、自由自在に場所が変えられる電気のランプがひとつ、ベッドの上に置いてあります。

ちなみに、枕やマットレスにはカバーが付けられておらず、自分で付けなければなりません。狭いし空間での作業なので、意外と面倒くさいんですが、まぁ、宿のルールには従わなければなりません。

ハンガー

決して立ち上がれるような高さはありませんので、ハンガーについても丈の長いものは掛けることは出来ませんが、一応、2つ付いています。まぁ、夏場なので、特に掛けるものはありません。

貴重品ボックス

出入口から最も遠い奥の角、枕の上に位置には、小さいですが貴重品ボックスがあります。貴重品ボックスの鍵は、フロントで受け取ります。無料オプションの扱いになっているようなので、必要な人は受付で言いましょう。

まぁ、ベッド周りに関しては、これ以外には特に何もありません。

ポット、電子レンジなどがあります

共用スペースの最も目立つところに、電子レンジやポットなどが並んでいるスペースがあります。わざわざ福岡まで来てコンビニ飯という気分にはなりませんが、カップラーメンとか弁当などを食べるという人も安心の装備です。

風呂、トイレ、洗面台は共同(男女兼用)

お洒落なマガジンラックの裏側には、洗面台と風呂、トイレが並んでいます。この施設内には、一箇所しか水を使える場所はありませんので、男女兼用です。宿泊者は、どちらかというと女性の方が多いので、男性はわりと気を使います。

この写真を撮ろうとしたタイミングで、女性がシャワーから出てきたので、もちろん服は着た状態ですけど、なんだか気まずい雰囲気になりました。

喫煙所は、エントランスを出てスグ隣

最初に受付をした小窓のあるエントランスを出てスグのところに、パルコの喫煙所があります。もう、入ってきたときには営業中だったカフェも閉まり、他のお客さんはいませんが、ブック・アンド・ベッド・トウキョウの宿泊者のために、24時間利用可能になっているようです。

こんなところに、いったい誰が止まるんだよ!

場所は営業終了後のデパートのなかで、寝るのは本棚の裏、いったい誰が泊まるんだよ!って思われるかもしれませんが、この日のブック・アンド・ベッド・トウキョウ福岡は、満員御礼でした。

ってことで、意外と人気がある福岡のゲストハウス「ブック・アンド・ベッド・トウキョウ福岡」をご紹介させていただきました。まぁ、なにかと不便さを感じざるを得ない宿ではありますが、なかなか出来ない体験ばかりなので、好奇心旺盛な方にはオススメです。

何といっても場所は、福岡の超一等地の天神ですから、朝目覚めてからの移動がとても楽です。

以上です!

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る