【タイ】アセアン7か国に展開!ブラックキャニオンコーヒー(Black Canyon Coffee)

本日のカフェは、ナコンパトムのプラ・パトム・チェディに向かう途中に立ち寄ったブラックキャニオンコーヒーです。

たしかジムロジャーズだったと思いますけど、その国の発展の度合いを知るにはワインと化粧品とコーヒーを見ろって感じのことを言ってて、まぁそんなこととは全く関係ないけど、相変わらずカフェのコーナーを継続いたします。

ブラックキャニオンコーヒー(Black Canyon Coffee)

タイ資本でアセアン7か国に展開中のブラックキャニオンコーヒーは、コーヒーだけではなくタイ料理を含む軽食メニューも豊富で、比較的ゆったりとした座席の店舗が多いので、タイに初めて来た客人などを連れて行くには便利です。

ここの店舗はガソリンスタンドのなかに出店しているんですが、ひとつのガソリンスタンドのなかにカフェアマゾンやS&Pなど4店舗ものカフェがあります。そのなかでも少し値が張るからなのか唯一空席があったので入店しました。(消去法)

ここはブラックキャニオンのなかでも極めて小さな店舗で、キッチンが無くカウンターのみで営業しています。なので、タイ料理やプレートなどの料理は無く、並べられたパンが主体のようです。

ブラックキャニオンのアイスラテ 80バーツ

ミルクの割合が他店よりも多いのか、かなり白色に近いアイスラテです。まぁ、コーヒーの味もしっかりするので問題ありませんが、ちょっとミルクにクセがあって、朝の目覚めを呼び起こすには頼りない感じです。

この写真、完全に幼女を盗撮しているようにしか見えないですが・・・そういう意図はありません。

三角のパンと、ソーセージのパン 55バーツ

せっかくなのでパンも買いました。ソーセージのパンの方は、日本で売っている身体に悪そうな油まみれのやつを期待したのですが、そんな感じではなく普通に美味しいやつでした。三角のパンは、ワッフルのような生地で、これはこれで美味しかったです。甘いのが苦手でなければ。

ブラックキャニオンの良いところは、こういうどうでも良いものを頼んでも、ちゃんと陶器の器に入れてくれるところですね。袋に入ったまま渡されて、袋から少しずつ出しながら口に入れるよりも、落ち着いた食事のような気分にしてくれます。

あ、しばらく時間が経つと、あのミルク重視のアイスラテの氷が解けて、酷い味になるので注意が必要です。ちなみに、今回はアイスカフェラテにしましたが、ブラックキャニオンであれば、ブラックキャニオンフラッペが一番美味いと思います。

関連リンク

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る