【長崎】軍艦島への旅はここから始まる!軍艦島ミュージアム

長崎に来たら、2つの島に行かねばならない。ひとつは出島で、もうひとつは軍艦島だ。

現在、長崎市内の港からは、複数社による軍艦島ツアーが実施されている。それぞれのツアー会社によって特色があるものの、目指すところは軍艦島、メインコンテンツは軍艦島への上陸である。私は今回、軍艦島に関する予習をしてから現場を見たいと考え、軍艦島ミュージアムの入場料にセット割引が適用される「軍艦島コンシェルジュ」で、軍艦島ツアーを申し込みました。

ってことで、まずは軍艦島ミュージアムのご紹介です。

軍艦島ミュージアムは、朝9時オープン

午前の軍艦島上陸ツアーを申し込んだ場合ですが、午前9時のオープンと同時にミュージアムに入るようにしましょう。早めに到着することによって多くの知識を事前に学ぶことが出来るということもありますが、それよりも重要なのが優先乗船券の受け取りです。

ツアーとミュージアムを同時に申し込むと、優先乗船券が得られますが、この優先対象となった人々の乗船する順番は、ミュージアムに到着して受付を済ませた順になります。優先のなかの優先をゲットすることによって、船内の好位置が確保できます。

軍艦島ミュージアムは、カステラの長崎堂と同じ建物で、店舗が隣同士です。

黄色い看板が目立ちすぎてますが、行けば分かります。

巨大スクリーンで軍艦島の貴重映像を見る

軍艦島ミュージアムのなかでも最も目立つ存在なのが、この超横長の巨大スクリーンを使った軍艦島の解説です。貴重映像が盛りだくさんで、当時の軍艦島での人々の暮らしぶりを知ることが出来ます。これを見てるのと見ていないのとでは、実物の軍艦島を目の前にしたときの感慨が違います。

軍艦島のアパートの再現セットを見る

なんとなく囚人のような生活を強いられていたのではないかと思いがちな軍艦島で働く人々の暮らしですが、実際のところは最新の家電製品が揃えられた豊かな暮らしぶりでした。もちろん、その背景には、炭鉱での過酷な労働というものがあるのですが、島で暮らす人々は豊かだったということは知っておくべきですね。

軍艦島のジオラマで、島全体の構成を学ぶ

ボートに乗り込んで軍艦島へと向かう船内では、ガイドさんが軍艦島について詳細な説明をしてくれますし、軍艦島のそれぞれの建物については実物を見ながら解説をしてくれます。でも、事前に全体像を把握しておかないと、絶対にガイドさんの説明に従ってそれぞれの建物を見ることは不可能です。なので、出来る限り主だった建物については前提知識を入れておきましょう。

まぁ、これが人々が暮らした軍艦島の姿であって、現在では全く違う状態になって朽ち果てています。この極端な差異を楽しむのが、軍艦島ツアーではないでしょうか。

VRで、一般人が立ち入れない場所を見る

いわゆるバーチャルリアリティー(VR)を体感できる装置をはめて、建物の倒壊の恐れがあるために一般人が立ち入れないエリアの映像を、360度、首を動かしながら見ることができます。

このVRに関しては、軍艦島ツアーから戻ったあとに、改めて軍艦島ミュージアムを訪れて見た方が良いかもしれません。

軍艦島ミュージアムの入場券は、その日のうちは何度でも再入場が可能ですので、まずはその他のコンテンツを出発前に見て、軍艦島へと行って、戻ってきてから再び軍艦島ミュージアムを訪れて、ツアーでは見られなかった箇所をVRで見るという流れがオススメです。

さて、軍艦島の歴史や、人々の生活についてしっかり学んだので、いよいよ軍艦島に向けて出発します!

 

隣接する長崎堂に関する記事もあります。軍艦島ミュージアムに早く着きすぎた時には、午前8時半から営業している長崎堂の喫茶スペースが便利です。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る