【タイ】英国と同じ360系デジロUK!バンコクの空港路線エアポートリンク

このところ、空前の乗り物(マイ)ブームなので、移動中の電車のなかとかで暇することが無くなりました。

タイの玄関口であるスワンナプーム国際空港とバンコク都心を結ぶ空港路線エアポートリンクで採用されているシーメンス社製の車両は、イギリスのヒースロー国際空港とロンドン都心を結ぶヒースローコネクトと同じ車両なのだそうです。

ドイツのシーメンス社製デジロUK

空港と都心を結ぶという使命を帯びている車両ですから、ビジュアル的な面白さは特にありませんね。ただ、これと同じものがイギリスでも走っているのことを知って、ちょっと興味が沸いてきました。

それにしても、砂漠の中を走ってきたかのような泥ハネのような汚れは、いったい何なんでしょうか。もうちょっと車両を奇麗に使って欲しいと思うところ。

ちなみに先頭車両を見て赤いラインが入ってるものが、元々はエクスプレスとして使用されていた車両です。現在はエクスプレスは無く、各駅停車のシティラインのみの運行です。

閉ドア時に車体とツライチになるプラグドア

横方向にスライドしたあとに内側に向けて調整され、車体とドアの表面がツライチ(面一)になるプラグドアが採用されています。エアポートリンクを運営するタイ国鉄の整備が悪いのか、そもそも設計上の問題なのか分かりませんが、スライドした後に結構な音を立ててドアが閉まります。

このプラグドア方式の方が構造上、ドアに手を挟むアクシデントが少ないような気がします。実際のところはどうなのか知りませんが。

エクスプレス廃止により、長椅子スタイルのみの運行

英国のヒースローコネクトの車内写真をググってみると、新幹線などと同じように進行方向に向かって乗客が座るレイアウトが採用されているようですが、タイのエアポートリンクでは普通電車などと同じ長椅子スタイルになっています。以前は、特急運行するエクスプレスがあり、進行方向に向かって座るスタイルのレイアウトがありましたが、現在ではエクスプレスが廃止されたことによって、すべてがこの長椅子スタイルになっているようです。

この座席レイアウトの方が、乗客の運搬能力が倍近く増えるそうです。

ちなみに、このエアポートリンクの座席なんですけど、なんだかツルツルで座りづらいです。

ほぼ全車両が広告ラッピング車両のため、車窓は見づらい

とにかく空港から都心へと人々を運ぶことだけを目的としている路線ですから、わざわざ車窓を楽しもうという乗客なんて皆無なのかもしれませんが、エアポートリンクを走る多くの車両が広告ラッピングされているため、内側からは網を張ったような感じでしか外を見ることができません。

ただ、これによって日光を遮断する効果もあり、エアコンの効きが良くなっているかもしれません。

旧エクスプレス使用車両には、トイレがある

2017年8月現在では、各駅停車のシティラインのみの運行になっていますので、以前はエクスプレスとして使用されていた車両も、座席レイアウトが変更されて、シティライン車両として利用されています。しかし、全てを入れ替えることは出来ず、エクスプレス運行当時の名残りが残っています。そのひとつがトイレです。

あと、トイレ周辺の跳ね上げ式の椅子も、エクスプレス当時の名残ですね。

なお、シティライン運行を行っている車両では、トイレそのものは存在するものの使用できません。扉さえ開きません。急に車内で尿意をもよおした人が「やった!トイレだ!」と喜んだのも束の間、使用できないと分かった時の悲しみは計り知れません。

エアポートリンクを走るデジロUKの情報まとめ

製造社:シーメンス(ドイツ)

形式:360系

運行事業者:エアポート・レール・リンク(ARL)

運行路線:エアポートリンク(スワンナプーム空港~パヤタイ駅)

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る