【VALU】全部で5種類!タイムラインを流れる情報について

VALUの人気を高めている要素のひとつが、単なる株式投資サイトのような堅苦しさを排除して、現代人に馴染みのあるFacebookなどのSNSのような仕組みを採用したことだと思います。色んな人が投稿したコメントや写真などが、次々とタイムラインを上から下へと流れていきます。

でも、タイムラインを流れる情報には、大きく分けて5種類あるんですよ。

自分の価値を高めることをVALUでの目標にしている人にとっては、このタイムラインに流す情報の使い分けが、とても重要になります。決して、FacebookやTwitterのように好きなことを好きなように書いておけば良い場所ではありません。ここでは、5種類の情報について説明しながら、それぞれの効果について解説します。

普通の投稿(テキスト、画像データ)

まず最も基本的なものは、なんと名付けて良いのか分からないので「普通の投稿」としか言いようがないのですが、Facebookなどと同じようにテキストの文字データや、写真やイラストなどの画像データによる投稿です。テキストと画像データの両方を合わせて投稿することも可能です。投稿のテキスト内にURLを書くと、自動的にリンクが貼られます。このリンクはVALUの内外を問わず、全て別のタブ(またはウィンドウ)で開きます。

この「普通の投稿」を見たユーザーは、いいね!を押したり、コメントを書いたりすることが出来ます。ただし、VALUには現在のところ投稿のシェアなどの仕組みはありません。

普通の投稿は、自分をウォッチリストに追加してくれている方や、自分のページを見に来てくれた方など、全てのユーザーが閲覧することが出来ます。もちろん、ほとんどウォッチリストに追加されていない人の投稿は見られる機会が少ないですし、誰もページを見に来てくれば誰も目にすることがない可能性もあります。つまり、「普通の投稿」だけでなく全ての投稿に共通することですが、ウォッチリストに追加してもらうことが投稿を見てもらうための重要な条件になります。

どうして、自分の投稿が多くのひとに見られる必要があるのかというと、自分のVAを買ってもらうためには、まずは自分に興味を持ってもらう必要があるためです。不特定多数を射程とする「普通の投稿」には、新規VA購入者を獲得するという重要な役割があります。

Facebook、Twitter連携による投稿

VALUでは、ソーシャルネットワークサービス(SNS)を非常に重視しています。最初の評価額の決定がSNSのフォロワー数の審査によって決まることは既に「審査によって決められる時価総額と発行VA数の仕組み」に書きましたが、タイムラインにおいても他のSNSとの連携が行われています。

少し注意深く見ないと分かりませんが、例えば次の写真の投稿にはTwitterの鳥のマークが付いていますね。これは、私がTwitterに投稿した内容が、そのままVALUのタイムラインに表示されていることを意味しています。

別にマークが付いているとは言え「普通の投稿」と同じじゃないかと思われるかもしれませんが、とても大きな違いがひとつあります。それは、このSNS連動投稿には、いいね!やコメントが出来ないということです。FacebookやTwitterに投稿したものと同じ内容が表示されるので手間が省けて便利なのですが、投稿に対するリアクションが貰えないという欠点があります。双方向性が失われてしまうことは、自分の価値をあげる上で、やや痛手になるかもしれません。

VA保有者(VALUER)限定公開の鍵付き投稿

VALUのタイムラインの特徴的な機能が、この鍵付き「限定公開」投稿です。自分のVAを保有してくれている人しか閲覧することが出来ない投稿です。VA数を指定することは出来ませんので、1VA保有者でも100VA保有者でも、誰もが平等に閲覧することができる単純な仕組みですが、自分に対して支援をしてくれている人に対してメッセージを送ることが出来ますので、ややプライベートな情報を織り交ぜたり、貴重な情報を「優待」として発信するなどの活用法があります。

さらに、この鍵付き投稿には、大きな役割があります。それは、まだ自分のVAを持っていない人たちに「何が書いてあるんだろう。読みたい。」という気持ちを生じさせることです。画像中央の黄色いボタンの「VALUERになる」をクリックすると、VA購入画面に移動しますので、まさに新たなVA保有者を獲得するための機能であると言えます。

この限定投稿による新規VA保有者獲得の効果は、「普通の投稿」のクオリティがそれなりに高い人ほど、大きなものになると思います。公開されている情報でさえコレだけのクオリティなんだから、きっと鍵付き投稿ではさらに凄い情報を発信しているに違いないと思わせることが重要ですね。

優待情報の掲載通知

タイムラインを流れる4つめの情報は「優待情報」です。公開してしまうと二度と修正が出来ないという厳しい条件がついている「優待情報」ですが、これを新たに掲載することによってタイムラインに自動的に掲載通知が行われます。他の投稿とは異なるレイアウトになっていますので、タイムラインのなかでも目立ちます。

優待を乱発することによって、せっかく資金提供を受けたのにもかかわらず優待貧乏になってしまう可能性がありますが、優待情報の更新通知という注目度の高い情報によって、新たなVA保有者を獲得する機会を得ることは、ひとつの作戦であると思います。ですから、長期的な戦略のなかで発表する「優待情報」であっても、閲覧者が多いであろう時間帯を狙ってリリースするように心がけましょう。情報を掲載した瞬間に見られる可能性が高まります。

売買成立の通知

最後に、自分がコントロールすることは不可能なものですが、自分のVAの売買が成立するとタイムラインに通知が掲載されます。どれだけ「普通の投稿」によって、「あー、めっちゃ売れてるわ。売れすぎて困るわ。」と書いたところで、売買成立の通知がなければ、ただの嘘であることは誰の目にも明らかです。

日によって変わりますが、その日に売れまくっているような方の売買成立の通知は、次々とタイムラインに流れますので、さらに新たな投資家の興味を惹くことになります。売買が成立したという情報が、さらに次の売買を生むという理想的な展開が期待できます。

売買成立は相手あってのことなので、コントロールできないんですが、やはり多くの人が閲覧している時間を狙って新しいVAを売り板に並べるなどの工夫をすることによって、多少なりとも投資を誘発する効果が狙えるかもしれません。

 

以上、タイムラインを流れる情報の種類と、期待できる効果について解説しました。メッセージ投稿については「ちょっとだけ多機能!メッセージ投稿の機能一覧」で解説していますので、合わせてご覧ください。

今後、VALUカテゴリーを少しずつ充実させていきます。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る