キャプロア(CAPLORE)とは

どうも、きゃっぷ(@CAPLOREcom)です。

あのぉ、どこから辿り着いたのか存じ上げませんが、あなたが相当なモノ好きであることだけは確かなようですね。普通、どう考えたって、このページになんてアクセスしませんよ。ブログなんて記事単位で楽しめばいいものを、わざわざ「キャプロア(CAPLORE)とは」なんて題されたページにアクセスして、いったい何を知りたいと思ったんですか。理解に苦しみます。そして、理由はどうあれ敬意を表します。ついでに感謝します。良く分からないけど、興味を持っていただいて、誠にありがとうございます。

ってことで、私からお願いしたわけでもないのに、キャプロアって何だろうという人生に何の役にも立たない関心を持ってしまって、このページにアクセスいただいた皆さまに対して、「キャプロア(CAPLORE)とは」というタイトルに相応しい内容を、全力で書かせていただきます。

キャプロア(CAPLORE)以前

まずは、現在のキャプロア(CAPLORE)が出来る前の話から始めます。

キャプログ(CAPLOG)

私がタイに来て二番目に立ち上げたのが「キャプログ(CAPLOG)」というブログです。なんとなく暇な夜にタイに関することを書くブログでも作ろうかと思って始めただけなので、独自ドメインさえ取得しておらず、当時は「ライブドアは漢だ」と評され完全独走状態だったブログサービス「ライブドアブログ」に無料アカウントを作りました。タイで起こった出来事や、私がやっていることの記録をメインコンテンツにしようと考えていたので、「きゃっぷ(CAP)」の「記録(LOG)」ということで「キャプログ(CAPLOG)」と名付けました。

「キャプログ(CAPLOG)」の更新は超テキトーでしたが、私が他のメディアなどにも名前だけ露出していたこともあって、それなりのアクセスをいただけるようになり、とはいえ1日3000PVくらいのアクセス程度ですが、なんとなくバンコクで知らない人から声を掛けられて「いつも読んでます!」とか言われるようになりました。まぁ、こんなことを言う人に限って過去に1度か2度くらいアクセスしたことがあるだけで、絶対に「いつも」の読者ではないんですけどね。こっちが調子に乗ってブログを読んでくれていることを前提に話をしたら「へー、そんな話、初めて聞きました!」とか言われて、何とも言えない気持ちになったりします。

キャプローグ(CAPLOGUE)

それなりにブログが読まれるようになると、やはり独自ドメインじゃないと何かと不都合だということになり、ドメイン取得に合わせてブログを新装オープンしたのが「キャプローグ(CAPLOGUE)」です。気分的には、せっかく独自ドメインを取得したので、ちょっと攻めたブログにしようという感じでした。なので、「きゃっぷ(CAP)」の「言葉(LOGUE)」ということで「キャプローグ(CAPLOGUE)」にしました。日本語だと「ログ」が「ローグ」になっただけなので大した違いが無いのですが、スペルの方が随分と難しくて、最初の頃は自分で自分のブログのURLを間違えて焦るということを繰り返していました。

「キャプローグ(CAPLOGUE)」に関しては、割と色んなことが起こったブログで、まずはライブドアさんから「ブログ奨学金 第一期生」に選んでいただき、「書く人になれ!」という号令のもとブログ執筆資金の提供を受けたりしました。また、ブログのご縁からタイ国政府観光庁の方と仲良くさせていただくことになり、ホンダさんにも協力していただいて「タイ東北地方を巡るバイクツーリング」なんてのも2年連続でやらせていただきました。それから、このブログの読者でありながらもマトモな会社に勤めている人たちがいて、「タイで○○を探してるんだけど。」みたいな依頼が来るようになり、「タイで調べ物をする人」という良く分からない職業に就くことになりました。

キャプロア(CAPLORE)とは

ってことで、いよいよ本題の「キャプロア(CAPLORE)とは」です。

ブログを新設した理由

「キャプローグ(CAPLOGUE)」は独自ドメインで運営したものの、依然としてライブドアブログの投稿システムを利用していました。あのブログ奨学金なんていう何ら義務が生じないお金をくれたライブドアさんですが、いつの間にかライン株式会社が持ち主になりまして、別にラインが嫌いというわけではないんですけど、ライン社内におけるブログの位置づけが低くなったようで、なにかと不都合が生じたために移転することにしました。運営会社が変わっても、それなりに特別待遇をしていただいていたので、アクセスを見ればライブドアブログを使い続ける方が良かったのですが、独自ドメインでワードプレスっていう形でライブドアから旅立つことにしました。

名前の由来

前の2つのブログと同じく、最初に「きゃっぷ(CAP)」を付けて、次の文字が「LO」から始まることを条件として、辞書などを見ながら良さげなモノをリストアップしました。で、これも何となくですが「探検(EXPLORE)」っていう言葉がカッコいいじゃないかと思ったので、「きゃっぷ(CAP)」の「探検(EXPLORE)」だという思いを込めて「キャプロア(CAPLORE)」という名前にしました。ただ、後で気づいたことですが、「EXPLORE」が探検という意味を持つために重要なのは前半の「EX」の部分なので、この「EX」を外してしまうと探検感は全て排除されてしまうので、「知識(LORE)」でしかないようです。ってことで、「キャプロア(CAPLORE)」とは、「きゃっぷ(CAP)」の「知識(LORE)」ということらしいです。

ちなみに、私のHN(きゃっぷ)の由来は、タイに来たばかりの頃にやっていたラジオ番組の初回放送の本番5秒前に、「そういえばラジオネームがない!」ということに気付き、咄嗟に思いついた名前なので特に深い意味はありません。無理やり深い話にすることもできますが、とりあえず差し控えます。

 

キャプロアの目的

名前の由来のところで説明した通り、当初の理念としては「探検(EXPLORE)」がテーマのブログです。パソコンの前に座っているだけで書けるようなブログではなく、あちこちに出掛けて行ってこそ知ることができることを記事にしたいと考えています。また、物理的な探検に留まらず、新しい知識を得るという意味での「探究(EXPLORE)」にも重点を置きたいと思いっています。例えば、どこかの街に出掛けるとなった場合には、その街の歴史などについては十分な知識を得た上で、目の前にあるものだけではなく現代に至る背景などにも思いを馳せるような感じを理想としています。つまり、まとめますと・・・

キャプロアとは、探検や探究をしたいという思いを秘めつつ、ブログ主が見つけてきた知識を楽しそうにひけらかすことを目的としたブログです。

 

ってことで、何の役にも立たない記事を、時間を割いて読んでくださった方、ありがとうございます!

きゃっぷ

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. JR武雄温泉駅から長崎駅へと向かうとき、長崎県内の早岐(はいき)駅から乗ったのがシーサイドライナーで…
  2. 数年前には、かなりお茶好きとして世界中のお茶をオンライン通販で買い付けて、毎週のようにタイの税関当局…
  3. 長崎市の沖合にある炭鉱で栄えた軍艦島への上陸を目指すツアーの連載も、これが最後です。 日本に訪…
  4. 皆さま、平素より、お世話になっております。 読書しながら世界を旅するブログ「キャプロア」の運営…
  5. 由緒正しい歴史のある武雄温泉の近くに店を構える山里屋菓子老舗は、シュガーロードとも呼ばれる長崎街道沿…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る