【タイ】銅のインゴット生産拠点だったロッブリー(ノンパワイ銅精錬遺跡)

ロッブリーの魅力を伝えるべく、ロッブリーの歴史について、出来るだけ分かりやすく、出来るだけ多くの人に興味を持ってもらえるように、出来るだけ楽しそうに書いてみたいと思います。

まずは紀元前、有史以前のロッブリーについてなんですが、この時代こそがロッブリーが最も栄えていた時代なのではないかと思えるほどに文化レベルが高かったことを示す出土品が発見されています。考古学的な素養がないので、うまく伝えられるのか微妙なところですが、がんばって書いてみます。

写真は全て、ロッブリー国立博物館の展示物です。

副葬品のある人骨が発見されている

一番上の写真の人骨です。

推定年代が紀元前3500年から紀元前1000年までの間という曖昧なものですが、脚を折り曲げた状態で葬られた人骨が、副葬品の土器と共に発見されています。副葬品の土器には、アニミズムのような宗教的な特徴がありませんし、ネックレスなどの装飾品もありませんので、この人骨からは当時の人々の暮らしを知ることは出来ませんが、とりあえず大昔からロッブリーに人々が暮らしていたということが分かります。

人骨の発見場所は、ロッブリー旧市街から北へ6キロほどのターケー(Tha Khae)遺跡です。

年代別に数々の土器が発見されている

人骨よりも数多く発見され、ロッブリーに人々の暮らしがあったことを明らかにしてくれるのが、ロッブリー県内で数多く出土している土器です。

まずは紀元前3500年から紀元前3000年までのものと推定されている土器です。日本だと縄文時代に相当する年代ですが、なんだかロッブリーの土器の方がデザイン性で勝っているような気がします。

この写真に写っている土器は、すべて同じ何代のものです。

それから、少し時代が進んで、紀元前2700年から紀元前2300年になると、さらにデザイン性が向上します。いや、この年代のものになると、普通に現代でも通用しそうな代物です。

下半分に細かく縦縞が入っているのは、ヤシの実を模したのかなと思いましたが、そういう記述は見当たらなかったので、たぶん違います。

それから、さらに進んで、紀元前2300年から紀元前1000年のものです。

土器の内側にも装飾がされており、形状にも特徴があるとのことですが、個人的には前の年代のモノの方が好きです。

ロッブリーでは運搬用に銅のインゴットが作られていた

人骨とか土器とかを紹介してきましたが、正直なところ、そんなのどうでも良いです。いや、かなり興味津々で見ていたんですけど、これの方が、圧倒的に感動しました。銅のインゴットです。

この円錐形の銅インゴットは、ロッブリー県のカオ・ウォンプラチャン渓谷にあるノンパワイ銅精錬遺跡で発見されたもので、周辺の街などへと輸出されていたことが分かります。製造技術も高く、1000度から1200度の火力によって熱され、青銅などの混合物を取り除かれた純度の高い銅に精錬されているそうです。

周辺には銅の鉱脈の跡が発見されているので、銅で作られた道具などを製造していただけなら「あ、そうなんだ。」って感じのリアクションしかできませんが、ちゃんと精錬して、同じような大きさのインゴットとして銅を輸出していたんですから、当時のロッブリーの文化レベルの高さが伺い知れます。

個人的には、ロッブリーすげー!ってなってるんですけど、伝わりましたかね・・・。

 

この記事は、ロッブリー国立博物館の解説文と、山川出版社の世界各国史シリーズ「東南アジア史1 大陸部」を参考に作成いたしました。

また、この記事は、「東南アジア3500年の歴史を堪能せよ!ロッブリー旅行記」の一部を構成しております。ほかの記事も併せて読んでいただけますと、明日にでもロッブリーに旅立とうかという気分になるはずです。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. さて、自己アピールが強すぎる人を募集する投稿をキッカケにVA(株式のようなもの)を購入させていただい…
  2. VALU内の投稿にて「自己アピールの激しすぎる人」を募集したところ、本当に「自己アピールが激しすぎる…
  3. 1カ月半の売り専門の状態を脱し、私が人生で初めて購入させていただいたVAは、シンガポール在住のバンカ…
  4. VALUの魅力のひとつは、様々な参加者から提供されている優待の数々です。支援したことへのリターンとし…
  5. 日本国内で大きな都市に滞在するときには、サウナに宿泊するのが最も経済的に優れています。ホテルのような…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る