【タイ】バンコクのデパートの飲食店街、なんと4割が日本関連だった

ちょっとVALUのことばかり書いているのも飽きたので、バンコクの”日本ブランド”についての記事をひとつ書いてみます。既にブームを通り越して、文化の域に達しつつあるタイ社会における日本ですが、日本にいる皆さんには理解しづらい部分があると思うので、こんな感じで表現してみました。

バンコク近郊のデパートにある日本関連店舗の数を調べよう!

まぁ、先日書いた「【タイ】日本のブランド力は健在?催事「リトルジャパン」@シーコンスクエア」の続きのような、続きじゃないような感じです。いや、まぁ続きでも何でもないけど。

バンコクのデパート「セントラルプラザ・グランド・ラマ9」

道路で言えばラチャダーピセーク通り、地下鉄だとラマ9世駅が最寄りのデパート「セントラルプラザ・グランド・ラマ9」は、タイの流通大手セントラルグループの運営するデパートです。この周辺には少なからず在タイ日本人が住んでいますが、主な客層はタイ人で、幅広い年齢層の老若男女がショッピングに訪れます。

この「セントラルプラザ・グランド・ラマ9」は、上の写真を見ていただけると分かる通りの巨大な商業施設で、その6階と7階の2フロアが飲食店街となっています。案内板の表示で「飲食店」となっている店舗を数えたところ、全部で49店舗の飲食店があります。このうち何店舗が日本関連なら「凄い!」と感じていただけるのか分かりませんが、とりあえず数えて周りました。

まず、ラーメン屋が2店舗

いわゆるタイのラーメンである”クイッティアオ”だとか、中国の麺料理を出すような店を排除して、あくまで日本のラーメンを提供している店だけをカウントすると、以下の2店舗がありました。

ちゃぶ屋とんこつらぁ麺

 

8番ラーメン

続いては、すし屋が3店舗

タイ人がメインの客層であるデパートに日本のラーメン屋が2店舗あるだけでも凄いと思うんですけど、すし屋も3店舗ありました。いや、日本国内にあるデパートでさえ、ひとつの店舗に3つも寿司屋があるのは希少だと思うのですが。

本物すし(タイの高級寿司チェーン)

 

平禄寿司(回転寿司)

 

SUSHI DEN

さらに、日本食レストランは、3店舗

もちろん、ザ・日本食である寿司屋だけでなく、普通に定食を出すような日本食レストランもあります。どれもタイのデパートでは定番の顔ぶれが、3つ揃っています。

やよい軒

 

大戸屋

 

フジレストラン

さらにさらに、どんぶりモノは、2店舗

続いては、日本のファーストフードである丼ものの店です。こちらは日本の超定番である2つのチェーンが出店しています。ラーメンもそうだけど、決してタイの物価から見れば安くないのに、タイ人には結構な人気で、昼時には大賑わいです。

吉野家

 

天丼てんや

その他、色々な日本関連をアピールする店舗をまとめて!

最後に、いわゆる専門店などのカテゴリーに入るようなモノなどを全部まとめて紹介します。いや、別に写真を並べるのに飽きてきたわけじゃありません。ただ、ちょっと退屈な気分になっただけです。それにしても、ほんとに何でもあるなぁって改めて思います。

AKA(焼肉)

 

新宿さぼてん(とんかつ)

 

モーモーパラダイス(しゃぶしゃぶ)

 

ペッパーランチ(ステーキ)

 

TOKUSEN(焼肉)

 

on the table tokyo cafe(カフェ系洋食)

 

ZEN(フュージョン日本料理)

 

Sukishi Grill(焼肉)

 

Sukishi Tokyo Buffet(鍋)

 

OISHI EATERIUM(日本料理)

[集計結果]40.8パーセントが、日本関連の飲食店だった

ということで、ずらりと全部の写真を並べてみました。あくまでに日本料理ではなく、日本をイメージしたり、日本関連であることを謳っている店舗の総計ですが、その数はなんと20店舗です。

別に日本人ばかりが住んでいる日本人街のような場所ではないラチャダーピセーク通りのデパートの飲食店49店舗のうち、20店舗が日本関連って、これは改めて異常な多さだと感じます。以前から多い多いとは思ってたけど、めっちゃ多いですね。実に40.8パーセント(2.5店舗にひとつ)ですからね。

しかも・・・

飲食店としてカウントされている以外にも、店舗ではなくブース形態で出店しているデザート屋さんがいくつもあり、そのなかには抹茶などを扱う日本関連デザートの店が2つありました。

 

KANEMOCHI(ソフトクリーム)

 

KOI(抹茶ドリンク)

 

日本が凄いのか何なのか分かりませんが、とにかく日本って付けておけば最低限の客は来るっていう状況のようです。ここに挙げた全22店舗のうち、一人もお客が入っていない店舗は、(敢えて店名は言いませんが)1店舗だけでした。日本っぽさを前面に出してるんだから、閑散とさせないで欲しいものです。

【スポンサードリンク】

きゃっぷキャプロア運営者

投稿者プロフィール

タイ在住ブロガー。ここ最近は、ブログ「キャプロア」の復活作業に邁進中です。あと、夜の連続ブログ小説「この男、猥褻につき」ってのを書いてます。旧ブログは「キャプローグ」、旧旧ブログは「キャプログ」です。ブログで賞を貰ったことがあります。

この著者の最新の記事

関連記事

【スポンサードリンク】

参考まで!

  1. JR武雄温泉駅から長崎駅へと向かうとき、長崎県内の早岐(はいき)駅から乗ったのがシーサイドライナーで…
  2. 数年前には、かなりお茶好きとして世界中のお茶をオンライン通販で買い付けて、毎週のようにタイの税関当局…
  3. 長崎市の沖合にある炭鉱で栄えた軍艦島への上陸を目指すツアーの連載も、これが最後です。 日本に訪…
  4. 皆さま、平素より、お世話になっております。 読書しながら世界を旅するブログ「キャプロア」の運営…
  5. 由緒正しい歴史のある武雄温泉の近くに店を構える山里屋菓子老舗は、シュガーロードとも呼ばれる長崎街道沿…

お世話になっております。

この男、猥褻につき
キャプローグ
キャプログ
Birth of Blues

イチオシ!

ページ上部へ戻る