週刊キャプロア出版 第9号(2018年7月11日発売)

週刊キャプロア出版第9号バナー 新刊のご案内

キャプロア出版が発行する週刊書籍『週刊キャプロア出版』の第9号のテーマは、「僕たちの日本国憲法 」です。

アキラさんがリーダーを担当しています。

コンテンツ

目次

はじめに~あの手紙は誰にあてて書かれたものか?~

神殺しとしての日本国憲法 (くらげ)

アキラの対話ログ09~今夜は「日本国憲法」

中村修治の「ペライチで”お題”を斬る」

第9条「戦争放棄」
もうみんな戦争を知らない大人なんだよ

コラム(1)…第3章第11条「基本的人権」

憲法に依存する愚か者ども (田島貴将

コラム(2)第3条21条「表現の自由」

自律が問われる表現の自由 (玉垣実杏)

コラム(3)第3条25条「最低限度の生活」

健康で文化的な最低限度の生活(土谷尚子)

コラム(4)第3条26条「義務教育」

大切な子供たち (西辻佳子)

コラム(5)第3章第30条「納税」

「納税」とは? (タックス佐藤)

おっぱいさんの「おっぱい講座♥」~24条「婚姻」

◆特集コラム

  • 第4章「国会」~国会を改革するんなら・・・ (きゃっぷ)
  • 第10章「最高法規」~立つ (ちかひ)

◆エッセイ「憲法にまつわるエトセトラ」

  • 切ないゲーム (峯本雅子)
  • 忘れ去られる記念日 (松浦友紀)

◆キャプロア出版議事録

  • 第9号のキャッチコピーは?から憲法についての話が止まらなくなった。
  • 10号以降はタイトルロゴが変わります
  • 11号のリーダーをそろそろ・・・
  • 第8号にPR文を入れませんか?
  • がねたんかの賞金制について
  • 10号「秘密」にまつわる特別コンテンツ案のアイデアも募集中
  • 緊急対談 第三十六条について

がねたんか ~みんなで短歌を遊ぼう~

僕の裏詠み on リリック (さがん)

  • 蟲毒と孤独
  • これといった苦労なんてしていないくせにということ
  • 倫理と法と戦争と権力と立場と国家と小心者な僕
  • 世界の中心と日の光のあたる場所

巻末コラム「さらば日本国憲法」 (トリプロデューサー)

筆者プロフィール

次号予告

編集後記

最後に

トリプロの「ここが変だよ、キャプロア出版」

〜巻末コラムの後に巻末コーナー・・・って配置は何なの?〜

 

 

表紙デザイン

週刊キャプロア出版第9号表紙

デザインを担当したのは、もりさんです。

 

  • 書籍データ

    タイトル:週刊キャプロア出版 第9号

  • 定価:300円(kindle Unlimited対応)
  • 発売日:2018年7月11日
  • Amazon販売ページ

週刊キャプロア出版とは?

誰もが参加できるティールな雑誌、週刊キャプロア出版は、新しい試みから生まれた週刊誌です。

出版に関する会議がFacebookのメッセンジャーグループ(キャプロア出版会議!)で交わされています。気軽なやりとりで、24時間いつでも好きな時間に発言が可能になっています。その時々のメンバーが気になった点を相談、新しいアイデアも議題として提出されます。そして、その時のタイミングで居合わせたメンバーによって会議が進行します。

出したい本を自分達で出せる組織がキャプロア出版。興味がある人はぜひご連絡ください。

※コラムやエッセイなどはもちろん、全体チャットである「週刊キャプロア出版」での発言が議事録に使用された場合も利益の分配になります。

詳細はこちら⇒ 週刊キャプロア出版とは?

週刊キャプロア出版のグループチャットに参加しよう!

[su_button url=”https://m.me/join/AbZW7Bgm4CBhfzwa” background=”#7e7e7e” size=”6″ center=”yes” radius=”5″]参加する[/su_button]

さぁ、あなたも書籍グループに参加し、一緒に出版しましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました